妖怪宿運営シム『Yokai Inn』トレイラー公開。自由度高めスローライフで、自分の宿をもり立てよう

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーShibaPixelsは6月13日、開発中の宿運営日常シミュレーション『Yokai Inn』のトレイラーを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam)/モバイルで、海外Nintendo Switch向け展開も検討されている。トレイラーは“やさしい”ゲームの新情報を届けるゲームイベント、Wholesome Directで初公開された。本作のゲームプレイと、癒やされるグラフィックが垣間見える内容となっている。
【UPDATE 2021/6/13 20:40】
トレイラーを適切なものに差し替え


『Yokai Inn』は和洋折衷な世界を舞台に、宿を運営する日常シミュレーションだ。本作は『牧場物語』シリーズや、『どうぶつの森』シリーズに影響を受けているとのこと。トレイラーや公式サイトの情報からは、農業やクラフトもちろんのこと、釣りや料理などの趣味系アクティビティや、炭鉱でツルハシを振るう採掘などの多彩な要素がうかがえる。単に宿を営業していくだけでなく、自由度の高いスローライフが楽しめそうだ。

そういった生活系ゲームプレイと調和しているのが、本作の可愛く牧歌的なピクセルグラフィックだろう。本作を特徴づけるこのグラフィックは、手描きのものを愛情を込めて丁寧にアセット化しているそうだ。斜め見下ろしクオータービューの視点も、このジャンルのゲームとしては珍しい印象がある。環境だけでなく、キャラクターたちも愛らしさをふりまいている。本作の世界には、主人公含む人間たちや、動物たちはもちろん、半人半獣のおそらく妖怪と見られるキャラクターもちらほら。いずれのキャラも、スタジオジブリ作品を彷彿とさせるような、親しみを感じるデザインとなっており、表情豊かに主人公と接してくれる。
 

 
また、これらのキャラクターたちには、主人公の運営する宿の顧客も存在する。そうした顧客たちとは、いずれもダイナミックな会話が可能とのこと。宿に戻ればそうしたお客さんたちと親睦を深めることもできそうだ。主人公は宿の掃除や炉のメンテナンスなど、宿を維持するアクティビティを通じて、妖怪宿を成長させていくことになる。
 

 
『Yokai Inn』はPC(Steam)/モバイル向けに発売予定だ。発売日は未定で、近日中にSteamストアページを開設するとのこと。本作が気になった方は、開発元ShibaPixels公式Twitterアカウントをチェックしておこう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る