『対魔忍アサギ』の配信はSteamではNG。開発者はSteamの「未成年と疑われる表現」への厳しさを学ぶ

『対魔忍』シリーズの企画や監修などを務める笹山逸刀斎氏は、Steamでリリースを控え審査中であった『対魔忍アサギ』の配信が取りやめになったことをTwitter上で明かした。この件が国外で話題を呼んでいる。SteamDBのhistory項目を見てみると、『対魔忍アサギ・第1話』『対魔忍アサギ・第2話』『対魔忍アサギ・第3話』『対魔忍アサギ・第4話』が軒並みストアページ取り下げ処分を受けたことが確認できる。

スポンサーリンク

アダルトゲームメーカーであるLILITHが発売する『対魔忍』は、グラマラスなキャラクターのCGと、作家性の強いテキスト表現により根強いファンを抱えるシリーズ。ビジュアルノベルから始まり、現在はソーシャルRPGとして『対魔忍RPG』が展開されるなど、力強く成長を続けるフランチャイズである。

Steamでは、美少女ゲームが月間売上ランキングにランクインしていることからもわかるように、一定以上の規模の市場が存在する。笹山氏はグローバル展開を見据えてか、Steam版の発売を検討しており、8月には「対魔忍がsteamの審査をパスできるのか?できれば内容を変えずに発売したいのですが。」と語っていた(関連記事)。Steamの近日リリースの項目にも『対魔忍アサギ』がしれっと登場しており、配信まで秒読みの状態であったが、最終的には配信の許可は降りなかったようだ。

笹山氏は今回の配信停止について「Steamで審査中だった対魔忍アサギ1が残念ながらNGとなりましたが、Steamでは未成年と疑うかもしれないビジュアルの審査が非常に厳しいという事を学びました。」「未成年と疑われる表現規制は日本でも年々厳しくなっているので、そこは無理をしないだけだと理解してください。」と語っている。一方で、“人妻モノ”になる新作については、この経験を活かしてSteamで配信する予定があることを示唆している。

配信停止処分になった理由については、諸説ある。『対魔忍アサギ』についてはいずれのSteamページでも「登場人物は全員18歳以上です」と記載されていた。しかしNiche Gamerは「キャラのひとりに制服を着たキャラクターがいて、それが引っかかったのではないか」と報道している。Steamにおいては未成年の性表現は、設定上18歳以上でも厳しく取り締まられる(関連記事)。未成年と深く結びつく制服の存在が、引っかかる理由になったと考えるのは妥当かもしれない。2005年に発売された『対魔忍アサギ』の制服CGを修正する余力は、さすがにLILITHにもないだろう。

またSteamストアページには露骨にセクシャルなCGも存在しており、Steamでは一般的になりつつある一般向け+外部パッチではなく、成人向けの本編をそのまま配信しようとしたことも原因としてあげられる。初代の配信においては氏も「できれば内容を変えずに発売したいのですが」と語っていたように、今回の配信は、ある意味では次に活かすためのダメ元のチャレンジであったのかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog