Steamゲーム7月ランキングでまたしてもアダルトゲーム2作が存在感。『対魔忍』シリーズの開発者もSteamでのリリースを検討中

Valveは8月21日、Steamにおける2019年7月のトップリリースを公開した。同月の新作セールストップ20を取り上げるという月間報告。7月は前月に続き早期アクセスタイトルが存在感を出していたほか、リスト内のゲームは5大陸、13か国(アルゼンチン、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、ハンガリー、日本、オランダ、ロシア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、アメリカ合衆国)の開発チームが携わっているということもあり、グローバルさも際立つ月であったようだ。また今月のトップ20ゲームの約半数は、外部入力デバイスをサポートしていたこと。リスト内の 8つのゲームがSteamフレンドと一緒にプレイする機能をサポートしていることも報告されている。

スポンサーリンク

『地球防衛軍 5』から『Automachef』まで多彩なタイトルが並んでいるが、やはり目立ったのが、アダルトゲームが2本ランクインしている点。NEKO WORK Hによる『LOVE³ -Love Cube-』とKISSによる『カスタムオーダーメイド3D2 It’s a Night Magic』。国内でも人気あるアダルトメーカーによる作品が存在感を魅せている。

『LOVE³ -Love Cube-』は、『ネコぱら』シリーズのNEKO WORKsによる新ブランドNEKO WORK Hが手がけるビジュアルノベル。主人公は成人向け漫画家となり、面倒を見て甘やかしてくれる担当編集のお姉ちゃんの東坊城聖、壱成の幼馴染で一緒に漫画家の夢を約束した志鷹伊織、壱成の高校時代に漫画の描き方を教えた漫研の後輩の天羽和花の3人と共同生活を送るというもの。フルカラーイラストに定評のあるイラストレーター石恵氏を迎え、NEKO WORKs の得意とするLive2Dアニメーションを導入。『ネコぱら』にて海外ファンにも受け入れられたリッチなビジュアルの路線を受け継いでいる。

『カスタムオーダーメイド3D2 It’s a Night Magic』は、国内でも「カスメ」の名で親しまれる人気3D美少女ゲーム。ヒロインを細かくカスタマイズし、その身なりをながめたり、インタラクションを楽しんだり。カスタマイズ性の奥深さが特徴。エンパイアクラブのオーナーとして、改装や経営などをシナリオを介して進めていく。今作においては、リズムアクションモードといった新要素も。

『LOVE³ -Love Cube-』は全年齢向け。しかしながら、有料DLC「Adult Only Content」を購入すれば、モザイクのついたセクシャルな表現が楽しめる。一方『カスタムオーダーメイド3D2 It’s a Night Magic』もまた全年齢向けであるが、そもそも日本向けには発売されていない。こちらも有志にパッチを導入することで、アダルトコンテンツが解禁される形。

こうした快進撃は、6月のトップ20ゲームにアダルトゲーム『コイカツ!/ Koikatsu Party』がランクインしていたことを彷彿とさせるだろう。Valveは2018年、荒らしや違法行為を除くあらゆるコンテンツを原則的に容認する方針を打ち立てた。そして同年9月、Steamにコンテンツのフィルタリング機能が追加され、「ヌードまたは性的なコンテンツ」「暴力表現やゴア表現の頻出」といったカテゴリごとに表示可否を決められように。このフィルタリング機能の実装にあわせて、過激な性的描写を含むアダルトゲームが、Valveによる規制を受けることなく配信できるようになっていった。

アダルトゲームにはレビューの段階で止まっている作品も多く、配信許可基準も不透明。配信難易度は決して低くない。一方で、こうしたランキングを見ると、Steamにおけるアダルトゲームのマーケットが存在することを確かに感じさせるだろう。Steamタイトルはセールなどを重ねて長期的に売上を伸ばしていく傾向があり、ビッグタイトル以外は基本的に初動控えめ。月間のトップ20ゲーム自体は、小ヒットタイトルの紹介になることが多い。『カスタムオーダーメイド3D2 It’s a Night Magic』『LOVE³ -Love Cube-』はレビュー数(300~500)を見る限り大跳ねというわけではなさそうだが、需要は少なくともありそうだ。

こうした結果を見てか、アダルトゲーム『対魔忍』シリーズの企画や監修などを務める笹山逸刀斎氏が、同シリーズをSteamで発売することを検討する旨のツイートを投稿している。できれば内容を変えずに発売したいとも。この検討については、NEKO WORKs のAnkou氏も「いけそう」とコメントしている。

ここ数か月間のアダルトゲームリリースにおいて結果を出しているのは、Steamというプラットフォームで鮮やか成功を見せたNEKO WORKsに、その技術力の高さに定評があり粘り強くタイトルリリースをしているIllusion。カスタマイズという点で、国内外で支持を得ているKISS。ただエロければいいというわけではなく、成功しているのは強みがあり固定ファンを抱えているメーカーだ。『対魔忍』シリーズもまた人気を誇るシリーズ。Steamというプラットフォームで新たな客層を開拓するのだろうか。そして内容を変えずに発売できるのだろうか。そもそもリリースできるのだろうか。Steamにおけるアダルトゲーム市場の変遷については、今後も観測する価値がありそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog