Steamに登場した過激な残虐ゲーム『RAPE DAY』に批判集まる。Valveの審査への疑問も

Steamにて『RAPE DAY』なるゲームのストアページが登場し、 物議を醸している。同作はまだ配信されていないが、ストアページの審査をクリアし、4月の配信が予定されている。『RAPE DAY』は、実写風の3Dモデルで描かれるビジュアルノベル。ゾンビが巣食うアポカリプス世界で、シリアルキラーとしての選択を重ねていく。秩序のない恐ろしい世界の中で、あらゆる犯罪行為に躊躇なく手を染める恐ろしい罪人となるアドベンチャーゲームであると紹介されている。Steamストアでは「前戯をスキップして『RAPE DAY』を楽しんでください」という過激な見出しも並んでいる。ストアページへの誘導は控えるが、極めて過激でインモラルな作品である。

Valveは昨年5月、荒らしや違法行為を除くあらゆるコンテンツを原則的に容認する旨を公表した。それまでは行き過ぎた性表現を含む作品の配信は許可されておらず、全年齢向けのタイトルとして配信され、Steamの外部にてより強化された表現を楽しむという形がとられていた。しかしながら、曖昧な基準で配信が差し止められるケースが相次ぎ反発を受けており、そうした経緯もあり5月の「全面解禁」へと至った。同年9月、Steamにコンテンツのフィルタリング機能が導入され、それまで性的描写が原因で配信が差し止められていたゲームの配信が続々と開始された。そうした背景もあり、今作のような過激なタイトルを発売する試みが可能になった。

しかしながら、そうした経緯を踏まえても『RAPE DAY』の過激さが目立つのも確か。Steamストアページへのアクセスもログインおよび成人向けコンテンツの閲覧設定は必須であるが、そこを抜ければ過激なアセットが並んでいる。ストアページはテキストだけでなく画像も過激なのだ。Polygonがまっさきにこの問題を取り上げ問題提起したほか、Steamコミュニティも、配信の差し止めを求める声で埋め尽くされている。同作の開発スタジオDesk Plantは、公式サイトのQ&Aにて「(『RAPE DAY』のような)フィクションを禁止するのは合理的ではないとし、Valveの提示するルールに則った上でゲームの配信を試みていると主張。ルール違反はしておらず、あくまで正しい手順で配信された過激なフィクションである。それが言い分である。ただし、Steamガイドラインのひとつにある「いかなる方法においても、子供を利用(搾取)している内容」には違反していたことを認め、赤ん坊を殺めるシーンは削除したと表明している。

『RAPE DAY』公式サイトのQ&Aから抜粋

批判は、『RAPE DAY』とそれを開発したDesk Plantに留まるものではなく、Valveにも矛先が向いている。というのも、Valveは一部例外を除くコンテンツを全面的に容認し、フィルタリング機能を実装した後も、数々の美少女ゲームをブロックしてきた過去があるからだ。登場人物が18歳以上であったり、性表現がなくとも「児童の性的搾取」と認定され配信差し止めになったケースがあるほか、今年1月には台湾グルメを擬人化する『食用系少女 Food Girls』が配信における審査時に「児童の性的搾取」があったと認定。その後も修正をおこない再申請しても申請は通ることなく、現在も配信されていないという事例がある(Game*Spark)。『ネコぱら』シリーズをSteamでリリースし、成功を収めてきたNEKO WORKsも、『ネコぱら Vol4』を見据える上で、こうした曖昧でランダムなリジェクトが頻発する事態を憂慮していた。

最近では、『Kara no Shojo 2』や『Late-night Nurse Call』などを筆頭した大量の美少女ゲームが配信差し止め。その中には『VRカノジョ』も含まれており、『VRカノジョ』は配信が取りやめになりその後すぐに配信が再開されるといった不可解な現象も起きている。Valveのラインは「児童搾取かどうか」だとされているが、そのラインは非常に曖昧で不明瞭。『RAPE DAY』については現時点では「児童搾取」に該当しているかは不明。ただし、Steamストアページに過激な画像が並んでおり、ストア審査がいい加減なのではないかとも指摘されている(PC Gamer)。

ふたつの問題は似て非なる問題であるが、いずれにせよValveの審査に対し懐疑的な目が強くなってきているのも確か。『RAPE DAY』をめぐっては、Polygonだけでなく前出のPC GamerやEurogamerなど大規模なメディアがこぞって、ストアページの公開を許可したValveの対応を疑問視。Eurogamerは配信停止処分を受けた学校銃乱射シューター『Active Shooter』を例にあげて今回の騒動を注視している(ちなみに開発元は『Active Shooter』との比較に反論済み)。Change.orgでは配信差し止めキャンペーンが開始されており、批判の風は強くなっている。

Steamニュースから抜粋

そして3月5日13時30分に、『RAPE DAY』開発元のDesk Plantは、同作は完成しており、Valveによるレビュープロセスに入ったと明かした。過激とされるゲーム内容は、この段階で精査されるようだ。Desk PlantはValveから、同作は性的コンテンツが含まれているほか、特定の国では違法になる可能性がある内容を含んでいることから、審査は予定よりもずっと長くなると伝えられたという。Valveは『RAPE DAY』の配信を許可するのだろうか。そして、今後も同じような審査を続けていくのだろうか。同作の行方に注目が集まる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog