PS4『Days Gone』TGS2018プレイレポート。爆発物や罠をフル活用して感染者の大軍を一掃せよ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、9月20日~23日(一般デーは22、23日)にかけて開催される東京ゲームショウ2018にて『Days Gone(デイズ・ゴーン)』をプレイアブル出展中だ。『Days Gone』は、SIEワールドワイドスタジオのBend Studioが開発中のPlayStation 4独占タイトル。舞台となるのはパンデミックから2年後のアメリカ西海岸北西部である。賞金稼ぎとして生活していた主人公ディーコン・セントジョンが、疫病によりゾンビ化した人間「フリーカー」がはびこる世界を冒険。バイクにまたがり、未感染の人間たちと交流しながら、生き延びるため戦っていくオープンワールド・サバイバルアクションゲームとなっている。

スポンサーリンク

東京ゲームショウ2018での出展内容は、約5分ほどブリーフィング(操作説明)があったのち、15分間の試遊時間が与えられるというもの。それぞれコンテンツ構造の異なる2つのゲームモードが用意されており、どちらかを選んで試遊時間内での目標達成を目指すことになる。易しめの難易度に設定されたストーリーモードは、フリーカーが徘徊する町でバイクの部品を集めるという本作の探索・潜入要素を試せるというもの。もうひとつのフリーカーモードは、画面を覆い尽くすフリーカーの大群を殲滅することが目標となる高難度モードだ。このフリーカーモードをクリアすると『Days Gone』特別T-シャツがもらえる。

 

いかに距離を詰められないよう立ち回るかがカギ

フリーカーモードでは、工事現場に群がるフリーカーの大群を一掃せよとのタスクが課される。最初のうちフリーカーたちは主人公の存在に気づいていないため、じっくりと操作方法を確認したり、周囲を見渡して与えられた選択肢を考える余裕がある。双眼鏡を使って遠くから状況を観察することも可能。愛車のバイクにも初めから乗れるため、運転時の操作感を試してみてもよい。ただしフリーカーの群れに近づくとバイクの音で気づかれてしまい、圧倒的物量をもって襲いかかってくるため要注意。主人公ディーコンの愛車はクルーザータイプのバイクであり、始動にやや時間がかかる。逃走中に障害物に当たって止まると運転を再開する前にフリーカーに囲まれてしまいかねない。走り寄ってくる数十体のフリーカーに囲まれるとほぼ瞬殺。ケアレスな遊び方では生きて帰れないのだ。

主人公に与えられている武器は、近接武器、メインウェポン(LMG)、サイドウェポン(ハンドガン系)、爆発物(グレネード、火炎瓶など)、設置系罠、陽動用アイテムなど。そのほかマップ上に配置されているドラム缶を撃って爆発させたり、積まれた丸太を崩したり、バイクで轢いて倒したりといった選択肢がある。なおバイクで突撃してもフリーカーが束になっていれば轢き倒すことはできず減速してしまう。攻撃手段として使う上では慎重な判断が必要だ。

またコントローラーの感度調整は可能だが、設定MAXでも右スティックを倒して瞬時にカメラの方向を真後ろに変えられるような感度の高さにはならないようになっている。つまり急ターンして攻撃して急ターンして逃げて……といった高速振り向き攻撃を繰り返すことはできない。きちんと地形や障害物を利用して距離を取ってから振り返って攻撃する、という環境利用が推奨されるような塩梅になっている。コントローラーさばきの腕がモノを言うようなハイスピードアクションではなく、戦闘前・戦闘中と常に最善手を考えながら立ち回ることが求められるゲームになっていると感じた。時間の流れを遅くするフォーカスモード、爆破可能な物体をハイライトするサバイバルビジョン、ウェポンホイール(正式名はサバイバルホイール)呼び出し中のスローモーションなどを駆使して、じっくりと周りを観察したり必要に応じて武器をクラフトしたりと次の一手を選ぶわけだ。

またエイムが苦手でも、先述したフォーカスモードを使うことで時間を使って精密射撃を試みることができる。ただし銃火器系だけで処理しきれるほどの敵数ではないので、 撃つことだけでなく地形やドラム缶の位置など周りを見渡すことにも気を配る必要があるだろう。なお今回の試遊用ビルドでは、爆発物や火炎瓶、設置型トラップをクラフトするための材料が豊富に揃った状態でゲームが開始されるため、逃げながら爆発物を放り投げたりトラップを仕掛けたりするだけでもフリーカーの数を削っていける。フリーカーは思考を持たない存在という設定もあり、寄り道せず主人公めがけて一直線で襲ってくるので、進行ルートも予測しやすいはずだ。あとは製品版でクラフト材料がどれくらい希少なものなのか、そのバランス具合でも戦略の立て方は変わってくるだろう。

PS4独占オープンワールド・サバイバルアクションゲーム『Days Gone』は2019年2月22日発売予定。東京ゲームショウ2018では、プレイステーションブースにて『KINGDOM HEARTS III』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』などと共に試遊出展されている。

※『Days Gone』のレーティングは「CERO: Z(18才以上のみ対象)」が想定されているため、試遊コーナー入口では公的に年齢を確認できる身分証明書が必要となる

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog