PS5が1440p解像度でのHDMI映像出力に対応へ。PS5システムソフトウェアのベータテストが本日より開始

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは7月28日、PS5システムソフトウェアのベータ版を、本日より配信すると発表した。日本を含む一部の国にて、ベータプログラムに参加しているユーザーが対象となる。また、このベータ版にて追加された機能は、年内には全ユーザーに向けて提供する計画とのこと。


今回配信されるPS5システムソフトウェアのベータ版での新機能としては、まずは「1440p解像度でのHDMI映像出力への対応」が挙げられる。PS5では、これまで1080pや2160p(4K)での出力には対応していたが、1440pには非対応だった。ある程度解像度が高いうえ、高フレームレートを引き出しやすいバランスのスペックであるため、WQHDのゲーミングモニタを愛用するPCゲーマーも多いことだろう。

ベータ版では、映像出力設定に1440p解像度の項目が新たに追加され、対応しているPCモニタやテレビにて選択可能。プレイ中のゲームが1440p解像度でのレンダリングに対応している場合、ネイティブ1440p解像度で出力される。また、4Kなどさらに高い解像度に対応している場合は、スーパーサンプリングによって1440p解像度まで落とすことで、アンチエイリアシングの向上を期待できるとのこと。


ゲームライブラリーには「ゲームリスト」機能が追加される。「あなたのコレクション」タブにて「ゲームリストを作成」を選択し、そのゲームリストに任意のゲームを追加していく。いわゆるフォルダ機能となっているようで、ゲームリストに名前をつけることも可能。テーマごとにゲームをまとめておくことで、自らのゲームを管理しやすくなる。

ゲームリストは最大15個まで作成でき、各ゲームリストには最大100タイトルまで登録可能。同じゲームを、複数のゲームリストに追加することもできる。ゲームライブラリー内の「あなたのコレクション」のタブに表示されているゲームであれば、ディスク版・デジタル版・ストリーミング版など形態に関わらず、ゲームリストに追加できる。


このほかにも、3Dオーディオとステレオオーディオを聴き比べられる機能や、進行中のアクティビティに簡単アクセスできる新たな表示、パーティーメンバーにシェアスクリーンをリクエストする機能、参加可能なパーティーメンバーのゲームの通知、ゲームベースでスタンプやボイスメッセージを送る機能なども実装されている。詳しくはPlayStation.Blogを確認してほしい。

PS5システムソフトウェアのベータ版は、本日7月28日よりベータプログラム参加ユーザーに配信される。そして追加される各機能は、2022年内には全ユーザーに提供される予定とのこと。ベータプログラムには、公式サイトから参加登録できる。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る