iPhoneやiPad、Apple TVでPS4/Xbox Oneコントローラーが使用可能に。今秋配信予定の次期OSにて正式サポート

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Appleは6月4日、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」の開催に合わせ基調講演を実施。この中で同社は、「Apple TV」にてソニーのDUALSHOCK 4およびマイクロソフトのXboxワイヤレスコントローラーを正式にサポートすると発表した。さらに、このイベントにて披露された「iOS 13」と「iPadOS」でも、同じくこれらのコントローラーに対応することが明らかにされている。

Apple TVは、ビデオコンテンツなどを楽しめるセットトップボックス。AppleのCEO Tim Cook氏は基調講演の壇上にて、Apple TVの次期オペレーティングシステムであるtvOS 13の新機能を紹介する中で、ゲームを楽しめる「Apple Arcade」サービスに言及。素晴らしいゲームをプレイするにあたっては、素晴らしいゲームコントローラーを利用した方がより楽しめるとし、対応コントローラーの拡充を決断したと述べる。そして、現在発売されているもっともポピュラーなコントローラーである、PS4向けのDUALSHOCK 4とXboxワイヤレスコントローラー(現行のBluetooth対応タイプ)をサポートすると発表した。

また、この基調講演後にApple公式サイトにて公開されたiOS 13iPadOSの概要ページでも、“PlayStation 4 controller”と“Xbox One S controller”をサポートすることがそれぞれ明記されている。つまりiPhoneとiPadでも、DUALSHOCK 4およびXboxワイヤレスコントローラーが使用可能になるということだ。

Tim Cook氏が言及したApple Arcadeは、iPhone/iPad/Mac/Apple TVにてゲームを楽しめる新たなサブスクリプションサービスで、2019年秋に開始予定(関連記事)。このサービスに向けては、ミストウォーカーの坂口博信氏やプラチナゲームズ、Klei Entertainmentといったデベロッパーや、セガやDevolver Digital、Annapurna Interactiveなどのパブリッシャーがゲームの提供元として名を連ねており、PC・コンソールと同じようなゲーム体験が期待されている。

iPhoneなどのApple製デバイスでは、これまでAppleのMFiライセンスプログラムの認定を受けたコントローラーのみを正式にサポートしてきた。ただ、Apple Arcadeにてより多くの人に本格的なゲームをプレイしてもらうにあたっては、ゲーマーが使い慣れたコントローラー、あるいはどこでも入手しやすいコントローラーへの対応が必要だろう。今回発表された、PS4向けのDUALSHOCK 4と、Xbox OneはもとよりPC向けとしても親しまれているXboxワイヤレスコントローラーへの対応は妥当と言える。OSレベルでサポートするため、Apple Arcade以外のゲームでも利用が広がりそうだ。

DUALSHOCK 4とXboxワイヤレスコントローラーを正式サポートするiOS 13/iPadOS/tvOS 13は、本日6月4日から開発者向けのプレビュー版が公開されており、6月中にはパブリックベータプログラムを開始。そして一般ユーザー向けには、2019年秋に正式リリースされる予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る