【UPDATE】ノワール・サイコホラー『Dollhouse』5月24日Steam/海外PS4向けに発売へ。自動生成される悪夢の館から脱出せよ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

【UPDATE 2019/03/29 16:44】
弊誌より販売元SOEDESCOに確認したところ、『Dollhouse』のPC(Steam)版は日本語に対応するとのことだ。

【原文 2019/03/29 11:14】
オランダのゲームパブリッシャーSOEDESCOは3月29日、一人称視点のノワール・サイコホラーゲーム『Dollhouse』を5月24日に発売することを発表し、以下の最新トレイラーを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびPlayStation 4で、販売価格は39.99ユーロを予定している。

本作は1950年代のフィルム・ノワールを意識したホラーゲームである。シングルプレイモードの主人公は記憶を失ってしまった名探偵Marie。彼女は自ら生み出してしまった悪夢のような世界を彷徨い、記憶を取り戻すための手がかりを探しつつ、奇怪な悪夢のドールハウスから脱出せねばならない。マップは自動生成されるため、毎回異なるゲーム体験が待っている。また、Marieの記憶の手がかりを集めることで、物語も変化していくとのことだ。

Marieは危険なドールハウスで生き抜くための能力をいくつか持っている。フラッシュという力で追っ手をスタンしたり、フォーカスという力で追っ手の視点を見ることができたりと、自らの能力をうまく使って逃げ切るのだ。Marieが習得・強化できるアビリティは40種類以上にも及ぶという。

開発元Creazn Studioが2012年に発表してから6年半が経過した『Dollhouse』。その間にプロジェクトを3回リブートしているということで、開発はかなり難航していたと思われる。敵の視界をジャックできるフォーカス能力など、中核的なゲームメカニックは残っているが、シングルプレイの物語などは当初の構想からかなり変わっているという。

なお今後の予定としては4月13日~14日にかけてベータテストを実施する予定であり、そのタイミングで本作のオンラインマルチプレイを体験することが可能。参加希望者はこちらからサインアップすることができる。そして希望者の中から抽選でテスターが選ばれ、ベータテストのキーが配布される。本作のマルチプレイは、各プレイヤーに異なるターゲットが指定される対戦モード。自動生成されるマップにて誰かに追われつつ、自らも指定のターゲットを追う。それぞれ異なるアビリティを有する14体のプレイアブル・キャラクターから選択して遊ぶことになる。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る