『フォートナイト』がGotYに輝いた「Golden Joystick Awards」振り返り。フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏が生涯功労賞を獲得など

一般投票により部門別にタイトルが選ばれるゲームアワード「Golden Joystick Awards」。イギリスで1983年からおこなわれているこの歴史あるアワードの授賞式が、11月16日にイギリス・ロンドンのBloomsbury Big Topでおこなわれた。

栄えある2018年の「Ultimate Game of the Year」を受賞したのは『フォートナイト』。同作は「Best Competitive Game」も獲得しており、対戦ゲームとして高く評価されている。受賞数がもっとも多いのは『ゴッド・オブ・ウォー』。「Best Storytelling」「Best Visual Design」「Best Audio」そして「PlayStation Game of the Year」の4部門を受賞し、さまざまな面から高い評価を得ている。また、開発元のSIE Santa Monica Studioも「Studio of the Year」を獲得している。

「Esports Game of the Year」は『オーバーウォッチ』が、「Mobile Game of the Year」は『PlayerUnknown’s Battlegrounds Mobile』が受賞している。『オーバーウォッチ』は前年も同賞を、『PlayerUnknown’s Battlegrounds』は「Best Multiplayer Game」「PC Game of the Year」を受賞した実績があり、昨年から引き続いて根強い人気があることがうかがえる。「Best Cooperative Game」は、日本でも人気を博したハンティングアクションシリーズの最新作『モンスターハンター:ワールド』が受賞している。

生涯功労賞である「Lifetime Achievement」は、フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏が受賞。宮崎氏がディレクターを務めた『Bloodborne』は2015年に「Best Original Game」を、『DARK SOULS III』は2016年に「Ultimate Game of the Year」を獲得している。ブレることないゲームデザイン、プレイヤーの能力を信じる高難易度設計など、ゲーム業界への著しい貢献などを理由に、この賞がおくられたようだ。登壇した宮崎氏は、栄誉ある賞をもらい、身が引き締まる思いであると告白。この賞は自分個人というより、一緒に作ってきた、情熱を共有してくれたみんなに与えられた賞であると語り、さまざまな関係者に対する感謝の意を述べている。また、支えてくれる家族やサポートしてくれているファンについても深い感謝している。

フロム・ソフトウェアが、シンプルに「面白いゲームを作る」という気持ちだけでゲームを作れているのは、間違いなくユーザーの支持があるからであり、みなさん(ゲームユーザー)と同じ時代にゲームづくりをできていることが幸せであるとこぼす。宮崎氏は、今後も機会がある限りゲームを作り続けていくと話し、ユーザーの期待に応える、面白く価値のあるゲームを作っていきたいと、静かながら熱く今後の活躍についても誓った。最後に、来年3月発売予定の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の告知をおこない、スピーチを締めた。

 

部門別受賞タイトル・受賞者は以下のとおり:

◼Ultimate Game of the Year
『フォートナイト』

◼Best Storytelling
『ゴッド・オブ・ウォー』

◼ Best Competitive Game
『フォートナイト』

◼Best Cooperative Game
『モンスターハンター:ワールド』

◼Best Visual Design
『ゴッド・オブ・ウォー』

◼Best Indie Game
『Dead Cells』

◼Best Audio
『ゴッド・オブ・ウォー』

◼Still Playing Award
『World of Tanks』

◼Best Performer
Bryan Dechart –『Detroit: Become Human』コナー役

◼ Esports Game of the Year
『オーバーウォッチ』

◼ Best VR Game
『The Elder Scrolls 5: Skyrim VR』

◼ Studio of the Year
SIE Santa Monica Studio

◼Best New Streamer / Broadcaster
Bryan Dechart とAmelia Rose Blaire

◼Mobile Game of the Year
『PlayerUnknown’s Battlegrounds Mobile』

◼PC Game of the Year
『Subnautica』

◼PlayStation Game of the Year
『ゴッド・オブ・ウォー』

◼Xbox Game of the Year
『Forza Horizon 4』

◼Nintendo Game of the Year
『オクトパストラベラー』

◼Breakthrough Award
Unknown Worlds

◼Most Wanted Game
『Cyberpunk 2077』

◼Critics Choice Award
『レッド・デッド・リデンプション2』

◼Lifetime Achievement
宮崎英高(フロム・ソフトウェア)

◼Outstanding Contribution
Xbox Adaptive Controller

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog