PS4/PS VR向け『TETRIS EFFECT』11月9日に発売決定。『Rez Infinite』の水口哲也氏が手がける、魔法のような没入感の新たなテトリス体験

『Rez Infinite』や『ルミネス』のクリエイターとして知られる水口哲也氏率いるEnhanceは9月18日、『TETRIS EFFECT(テトリス・エフェクト)』を11月9日に発売すると発表した。プラットフォームはPlayStation 4で、PlayStation VRにも対応する。

本作は、Tetris Holdingから公式にライセンスを受けて制作される、パズルゲーム『テトリス』の新作ゲームだ。そのゲームタイトルとなった『TETRIS EFFECT』とは、『テトリス』を長時間プレイした後に、プレイヤーが見る映像や思考、さらには夢の中にまでテトリミノ(ブロック)のイメージが現れることがある実際の現象「テトリス・エフェクト(テトリス効果)」にちなんで名付けられたという。

美しく幻想的な3D世界の中でプレイする本作では、その音楽や背景、サウンド、特殊効果、またテトリミノの落下まで、すべてがプレイヤーの操作に完璧にシンクロし、脈打ったり踊りだしたり、また光り輝き、炸裂する。ステージには、海底の奥深くから、宇宙の遙か彼方まで30種類以上が収録予定。プレイヤーはそうした世界を旅するような感覚でプレイし、そして魔法のような不思議な没入感は増幅されていく。

ゲームのコア部分は『テトリス』そのものであるが、本作ならではの新要素として「ゾーン」システムを導入する。プレイヤーはゾーンに入ることで、時間とテトリミノの落下を止めることができ、その間にテトリミノを積み重ねてより多くのボーナスを狙ったり、あるいはゲームオーバーになりそうな危うい状況から脱することが可能になる。ゲームモードには、『テトリス』としてはポピュラーなマラソン・スプリント・ウルトラに加え、まったく新しいモードも収録するとのこと。そのほか、プレイヤーの認定やレベルシステム、難易度設定なども用意し、リプレイ性を高めている。

本作は通常のTV/モニタでもプレイ可能だが、PS VRでプレイした際には、立体映像によって最高の没入感を得ることができるだろう。また、PS4 Proでは最大4K/60fpsの出力に対応する。開発には、『Rez Infinite』を手がけたMonstarsとレゾネアが、水口氏と共に取り組んでいる。同作の「Area X」にて『Rez』の進化した世界を体感できたように、本作でも、世界でもっともポピュラーなパズルゲーム『テトリス』のまた新たな一面に触れることができるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog