小島秀夫監督およびコジマプロダクションが、“フェイクニュース”へ抗議表明。元首相銃撃事件報道での、悪質な濡れ衣への対応か

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

コジマプロダクションは7月9日、SNS上にて、フェイクニュースやデマの拡散に対して抗議の意思を示した。異例の声明の背景には、同スタジオを率いる小島秀夫氏が巻き込まれたフェイクニュース被害があると見られる。

コジマプロダクションは、ゲームクリエイター小島秀夫氏が率いるゲームスタジオ。小島氏は、かつてコナミで『メタルギアソリッド』シリーズなどを手がけ、独立後は『デス・ストランディング』を世に送り出した。コジマプロダクションは7月9日、日・英の公式Twitterアカウントにて、同スタジオとしては異例の声明を発表。虚偽の情報を伝達するフェイクニュースやデマの拡散への抗議、およびそうした行為が個人の尊厳を傷つけていることに遺憾の意を表明した。

この声明の背景にあるのは、小島氏が巻き込まれた先日のフェイクニュース騒動があると見られる。7月8日に発生した安倍晋三元首相銃撃事件については、国内外の多数メディアが伝えた。そしてギリシャの一部報道局やフランスの政治家が、無関係の小島氏の写真を「同事件の銃撃犯の写真である」として広める出来事があったようだ。小島氏がとんでもない濡れ衣を着せられていたのである。この一件については、Kotakuなど海外メディアが報道している。

こうした誤報が出回った背景について各海外メディアは、特定フォーラム上における悪質な中傷投稿が拡散するうちに、事実として扱われてしまったとの分析をしている。なお、英語版の声明においてコジマプロダクションは「悪質なケースでは、法的措置も検討する」として、厳然たる姿勢を示している。


※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る