『バイオハザード RE:3』の「キャラの顔がぐにゃぐにゃになるMod」が、「キャラの全身がねじ曲がるMod」に進化する

Image Credit : DPO23 / カプコン
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンが4月3日、PS4/Xbox One/Steam向けに発売した『バイオハザード RE:3』。Steam版においては、ジルの衣装を変更するものやカルロスのヘアースタイルを爽やかにするものなど、多くのModが制作され、賑わいを見せているようだ。そのなかでも異彩を放つ、キャラクターのアニメーションを5倍にするModが進化を遂げている。

制作者はYouTuberであるDPO23氏。以前にも氏がYouTubeで公開した、キャラクターの顔アニメーションを5倍にするシリーズの新作「Resident Evil 3 but 500% facial animations」を紹介させていただいた(関連記事)。そして現在、続編となる「Resident Evil 3 but 500% facial animations 2」が公開されている。

Image Credit : DPO23 / カプコン
Image Credit : DPO23 / カプコン

動画を再生すると、冒頭から顔の様子がおかしいカルロスが登場。白目をむき、鼻の下を伸ばしながらクリアリングしている。前回の動画にも登場した顔全体がぐにゃぐにゃになった彼は健在のようだ。とあるゾンビ化した人物と対峙する緊迫したシーンなのだが、眉を上げ、歯茎の全形が見えるほどに口角を上げて不敵な笑みを浮かべるカルロスからは、まったく緊張が感じられない。

Image Credit : DPO23 / カプコン
Image Credit : DPO23 / カプコン

続いて、地下鉄の車両内でジル・カルロス・ミハエルが落ち合うシーン。本来は着席しているミハエルにジルとカルロスが静かに歩み寄るのだが、動画内のカルロスとジルは全身をねじりながらバタバタと慌ただしく移動。ジルに至っては両手を大きく掲げ、大股を開きながらクルクルと回っている。二人の首が180度以上回るなか、ミハエルはなぜか空中を浮遊し、体のパーツが胴体の中心に凝縮している。その車両内の光景はカオスと呼ぶにふさわしい。

Image Credit : DPO23 / カプコン

動画中盤には、先述した3人が落ち合う前にカルロスがジルを車両に案内するシーンが収められている。カルロスはうなだれた姿勢を保ちつつ、飛び跳ねながら移動。ジルは軟体動物のように腕を体にまきつけ、苦しそうな表情でカルロスの話を聞いている。一瞬首をグリッと回転させる動作はクリーチャーを超える不気味さだ。ジルの体調を心配したカルロスのエスコートに「大丈夫」と答えている。どうみても大丈夫ではない。

Image Credit : DPO23 / カプコン
Image Credit : DPO23 / カプコン

動画後半にはニコライとミハエルが登場。前回の動画でも異様な存在感を放っていたニコライ。彼に本Modを適用すると、眉の部分と口角が異常に盛り上がる特徴があるようだ。ここまでくると奇妙な表情にも徐々に慣れてきたのか、少し可愛げにも映る。一方のミハエルは口を裂き、目を覆うほどに表情筋を膨張させている。クリーチャーっぽさもあり、どことなくネメシスに似た雰囲気を感じる。

どうやら今回の動画では、顔アニメーションを5倍にするだけでなく、前作の後半で試みていたキャラのボディアニメーションを5倍にするModを調整し、随所で適用しているようだ。ボディアニメーションを5倍にするとなぜ全身がねじれるのか、浮遊させながら凝縮するのかは謎に包まれている。

本稿で紹介した以外にも、さまざまなシーンが収められた「アニメーションを5倍にしてみた」シリーズの最新作。全体的にカオスさが増した本作は視聴者からの反応も良く、投稿から5日余りで再生回数は50万に迫り、圧倒的な高評価を得ているようだ。少しでも興味を持たれた方はぜひ視聴してみてほしい。ただし、前作以上に本編のネタバレが含まれている点は注意してもらいたい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog