『ファイナルファンタジーVII リメイク』2020年4月10日発売へ延期。最高の形で届けるための最後のブラッシュアップ

スクウェア・エニックスは1月14日、『ファイナルファンタジーVII リメイク』(FINAL FANTASY VII REMAKE)について、2020年4月10日への発売日変更を発表した。これまで2020年3月3日の配信が予定されていたが、約1か月の延期となる。『ファイナルファンタジーVII リメイク』プロデューサーの北瀬佳範氏は今回の延期について、最高の形で届けるための最後のブラッシュアップをするためだと、お詫びと共に語っている。また、PlayStation Storeにおける同作の表記は、以前の発売日を前提としたもののままとなっているが、これらは随時更新が行われるようだ。

スポンサーリンク

『ファイナルファンタジーVII リメイク』は、1997年にPlayStation用として発売された『ファイナルファンタジーVII』を、現代の作品として蘇らせるフルリメイク版。対応プラットフォームはPlayStation 4(約1年間の時限独占)。価格は税別8980円。分作でのリリースとなり、第1作目にはミッドガルド脱出までを収録。主人公のクラウドやアバランチの面々が、神羅カンパニーを相手に戦いを繰り広げたり、クラウドの女装イベントも含まれている。

ディテールまで作り込まれた最新のグラフィックによって、クラウド、ティファ、バレット、セフィロスなどメインキャラクターたちが美しく描かれているほか、原作ではアクティブタイムバトルが採用されていた戦闘も、アクション要素を取り入れてより没入感を演出。各所に仕込まれていたミニゲーム群も含めリメイクされており、新たな物語として生まれ変わる作品だ。

スポンサーリンク

なお、原作である『ファイナルファンタジーVII』は、星の生命エネルギーを魔晄として吸い上げ、魔晄炉によって神羅カンパニーが掌握している世界を舞台に、元ソルジャーのクラウドやその仲間たちが星の命運を賭けて戦うRPG。壮大で衝撃的なストーリーやグラフィックが人気を集め、1230万本以上の累計販売本数を誇っている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog