ケモミミ高難度3Dアクション『Frenzy Retribution』Steamにて無料配信開始。白髪獣耳少女が、赤いSF世界を駆ける

台湾・私立南台科技大学の学生による開発チームFrenzyZoneは11月9日、『Frenzy Retribution』をSteamにて無料公開した。『Frenzy Retribution』は獣耳の生えた少女が、赤い鳥居や舞い落ちる紅葉の中、戦いを繰り広げる3Dアクションゲーム。ゲームエンジンはUnity。英語と中国語 (繁体字)にのみ対応しているが、基本的な操作さえ理解できればプレイで困ることはないだろう。なお、臓物が飛び散ったりはしないものの、身体を切断するような表現はあり、デフォルトでは血しぶきが激しい(血はオプション内にオンオフの設定項目あり)。

スポンサーリンク

『Frenzy Retribution』は、和を意識したSci-Fi世界を舞台に、人型の敵と獣耳の少女が戦う高難易度アクションゲーム。ゲームを開始すると、そびえ立つ鳥居や石の階段、闇夜を照らす提灯など、都市の中に息づく日本風のオブジェクトが立ち並ぶ。そうした和風の建造物と共に、どこか異国を感じさせる風景は、学生チームの作品とは思えない出来栄えだ。肌色成分が多く、白髪、獣耳と属性てんこもりな少女も含めたアートは、本作の魅力の一つと言える。

一方の戦闘も、開発チームの好きなものを詰め込んだのであろうグラフィックに、引けを取らない仕上がりになっている。主人公の少女は、刀と薙刀の使い手。弱攻撃とアーマーに対するダメージが高い強攻撃、無敵時間付きの回避とパリィなど、ガードはないものの基本的なアクションは揃ったキャラクターだ。弱攻撃と強攻撃の組み合わせで繰り出せるモーションや、強攻撃の溜めによる居合など、多彩なアクションを駆使して敵を倒していくわけだが、敵1体1体の殺意が高く、上手く立ち回らなければすぐにHPが0になってしまう。

HPがなくなると、「Frenzy Mode」が発動。激情を糧に、ゲージが尽きるまでの短時間身体を動かし続けることが可能になる。発動中は、攻撃をヒットさせるとゲージが回復するが、本当に短時間なので、無用な回避や遠くの敵へ距離を詰めるような余裕はない。Frenzy Mode中に限らず、敵をスタンさせて処刑するとHPが回復し、極限状態から脱することができる。
緊張感のある戦闘。瀕死からの起死回生のシステム。難易度は高いが、その分上手くプレイできた時の気持ちよさが、本作の醍醐味となるわけだ。なお、Frenzy Modeは、切腹モーションと共に自発的に発動することもできる。しかし自害したからといって特別メリットはないので、潔さは忘れておこう。

『Frenzy Retribution』を手掛けるFrenzy Zoneは、南台科技大学マルチメディア・ゲーム科学学科の生徒6名によるチームだ。本作の開発期間は1年程度。学生ながらインターンシップを通じて小さなプロジェクトに関わってきた経験のあるメンバーで構成されており、その経験が本作のクオリティに繋がっているのだろう。繰り返しになるが、Steamにて本作は無料公開中だ。作中の風景も秋の夜長にプレイするのにぴったりなので、アクションゲームに抵抗のない方はプレイしてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog