『チームファイトタクティクス(TFT)』スマホ版が正式発表。PC版とのクロスプレイに対応し、まもなく配信予定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Riot Gamesは10月16日、「リーグ・オブ・レジェンド10周年感謝祭」にて『チームファイト タクティクス(Teamfight Tactics)』のスマートフォン版を発表した。本作は、現在『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』のゲーム内に実装されているゲームモード。スマートフォン向けアプリとしてリリースされる『チームファイト タクティクス』では、PC/Macとのクロスプレイにも対応。リリース時期はまもなくと記されており、Google Playでは事前登録受付中となっている。

チームファイトタクティクス』は、『Dota 2』のMod作品『Dota Auto Chess』に影響を受けて開発された作品の一つだ。今年になって国内外で人気を集めているジャンルで、Mod版の開発チームDrodoStudioによる『Auto Chess』、Valveによる『Dota:Underlords』などもあるが、『チームファイトタクティクス』では『LoL』のチャンピオンたちがユニットとして登場。

チャンピオンには「デーモン」「ノーブル」「ドラゴン」「ニンジャ」「インペリアル」といったオリジンと、「アサシン」「ガンスリンガー」「レンジャー」「シェイプシフター」などのクラス、各チャンピオンを象徴するようなスキルがひとつずつ『チームファイトタクティクス』用に設定されていて、『LoL』のプレイヤーにとっては遊びやすいものとなっている。

ゲームプレイは8人で行う。戦闘ラウンドが開始すると、盤上に配置しているユニットが自動的に戦闘開始し、敗北すればプレイヤーのHPが減少。ラウンドを繰り返し、最後に残っていたプレイヤーの勝利となるバトルロイヤル形式で競われる。

プレイヤーのレベルやチャンピオンの購入などにあてるゴールド、同じクラスやオリジンを持つユニットを複数体盤面に出すことで発動するボーナス、「ムダニデカイロッド」や「インフィニティエッジ」などお馴染みのアイテム群、チャンピオンを3体集めることでチャンピオンのレベルが上昇するなどの要素があり、戦略を組み立てながら生き残りを目指していく。また、『チームファイトタクティクス』には独自の要素として、数ラウンドごとに全プレイヤーが参加し、チャンピオンを1体無料で獲得できる「ドラフトラウンド」が存在している。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog