PC版『ダークソウル』用に、周回カンスト後も難易度が上がり続ける「New Game Plus Infinite」Modが登場。己の限界に挑め

PC版『ダークソウル』(『DARK SOULS: Prepare to Die Edition』)用に作られた「New Game Plus InfiniteModが、Modコミュニティサイト「Nexus Mods」にて公開中だ。こちらを適用すると、周回プレイによる難易度カウントストップ後も難易度が上がり続ける。制作者は過去にも『ダークソウル』用のModを配信してきたNotaprofi氏。互換性のあるタイトルは『DARK SOULS: Prepare to Die Edition』だけで、Modの追加テキストが対応しているのは英語のみとなっている。

『ダークソウル』では通常、ゲームをクリアして周回を重ねるごとに敵の体力・攻撃力・獲得ソウルが上昇していく。Modを導入していないバニラ状態では7周目に難易度上限に達するが、「New Game Plus Infinite」を導入すると上限を超えて難易度が上がっていく。「プレイヤーがクリアできなくなるまで、周回を重ねるごとにゲームがどんどん難しくなっていきます。あなたは何周目まで辿りつけるでしょうか?」。

スポンサーリンク
他Modとの併用については、ビジュアルや敵配置を変えるだけのModであれば可能だが、Notaprofi氏の「Prepare to Die Again」のようにゲームのパラメーターやイベントファイルを改変するModは不可であると、Nexus Modにて説明されている

このModを適用すると、どのキャラクターデータをロードしても7周目以降のデータ扱いになる。新規キャラクターを作成する際も、いきなり7周目からスタート可能。ゲーム終盤のデータが残っていれば、いきなり12周目に突入することもできる。またNotaprofi氏によると、Mod適用中に作成・使用したキャラクターデータをMod抜きのバニラ状態に戻した場合、通常通り7周目カンストのデータとして遊べるという。

8周目に入ると、まず敵の体力・攻撃力・獲得ソウルが6%上昇し、それ以降は周回を重ねるごとに各数値が加速度的に上がっていく。通常カンストの7周目からさらに10周すれば各数値が80%、50周すれば18倍にまで跳ね上がる。ただし例外措置として、四人の公王のみ体力上昇率が低めに設定されている。またMod適用後は周回ごとにパラメータが上昇していくだけでなく、全ての敵が出血・毒・猛毒に耐性を持つようになる。センの古城のトラップに関しては、プレイヤーが仕掛けを踏まないと発動しないよう仕様が変更される。

高難度が特徴の本シリーズでは、難易度をさらに引き上げるマゾヒスティックなModがいくつか配信されている。弊誌で紹介した『ダークソウル2』の敵配置をランダム化する「Enemy Randomizer」もその一例だ(関連記事)。初代『ダークソウル』でも、各エリアを車輪スケルトンだらけにするという想像するだけでも発狂しそうなBonewheels Everywhere」Nexus Mod)や、7秒ごとに装備武器がランダムで入れ替わる「New Weapon every 7 seconds – Random Weapon Script」(Redditといった鬼畜なModが公開されている。

Bonewheels Everywhere ModNexus Mod

New Game Plus InfiniteModの制作者であるNotaprofi氏も、敵や篝火の配置を変更する「Prepare to Die Again」や、ゲーム内世界全体を「巨人墓場」と同等の暗さにする「PURE DARKNESSModを過去に配信している。今回の「New Game Plus Infinite」もまた、己の限界に挑もうとする亡者たちを奮い立たせることだろう。なおModの導入は自己責任となるため、セーブデータのバックアップを忘れずに。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog