ダークファンタジーARPG『Dark Devotion』PC/コンソール向けに年内発売へ。女性騎士が自らの信仰心を証明すべく、魔物巣食う寺院で戦う

フランスのインディースタジオHibernian Workshopは4月3日、現在開発中の2DアクションRPG『Dark Devotion』について、パブリッシャーのThe Arcade Crewと提携し、PC(Steam)およびコンソール向けに2018年内に発売すると発表した。同スタジオは昨年、本作の開発資金を募るKickstarterキャンペーンを実施し、成功を収めている。

『Dark Devotion』の世界には、暗く絶望に包まれたとある寺院が存在する。遠い昔に栄えた文明の跡地だとされる場所にひっそりとたたずむその寺院は、天を目指して建設されたバベルの塔とは対照的に、地球の中心に向かって地下深くへと続いているという。人々は神への献身を示すことが救済に繋がると考えており、神はそれを証明するよう人々をこの神秘的な寺院へと差し向ける。信心深い者は自ら足を進め、抵抗する堕落者は半ば強制的に放り込まれるが、寺院の中に入って生きて帰ってきた者は誰ひとりとしていない。

本作の主人公は、テンプル騎士団の女性騎士だ。この世界では子供たちはみな親元から離され、テンプル騎士団に入るための訓練を受ける。武器の扱い方を覚え、聖戦に打ち勝つためだ。そしてテンプル騎士団もまた、神への信仰心を証明するためにこの寺院に入り、寺院の“聖なる深さ“に到達することを悲願としている。テンプル騎士団は集団行動を基本としているが、どういうわけか主人公の女性騎士だけは単独行動が許されており、彼女はひとり寺院の中に足を踏み入れる。

寺院の中は暗く、異形のモンスターが巣食っており、プレイヤーは武器や魔法を駆使して立ち向かう。公開されている映像を見る限り、多数の敵を次々になぎ倒していくというより、一体一体との立ち回りを重視したバトルがメインになるようだ。寺院の中では性能の異なる多様な武器や防具を発見することができ、相対する敵によって、あるいはプレイスタイルに合わせてキャラクターの装備をカスタマイズ可能。映像では盾で防御し、剣や斧、弓などで応戦する様子があり、また剣にもさまざまな種類があることが確認できる。そのほか、傷や病気を癒したりなど、効果の異なるさまざまなアイテムも入手できるという。

敵は倒すと「Faith(信仰)」と呼ばれるアイテムを落とす。これはさまざまな用途に使用可能だ。映像でも丸いメーターが溜まるまで白い光を捧げているような場面が見られるが、このようにして特別な宝箱を開けたり、隠し通路への扉を開けたり、また「Filthblood Shelter(穢れた血のシェルター)」と呼ばれる拠点となる場所ではキャラクターのアップグレードに消費することもできるという。ゲームを進めるうえでは、いつ、何に、どれだけFaithを使うのかという見極めが大事になりそうだ。

寺院は4つの地下階層で構成されており、プレイヤーはそれぞれの広大なマップを探索する。そして探索をする中では、道がいくつかに分岐するエリアにたどり着く。本作では、ひとたび次のエリアに入れば、来た道が塞がれて後戻りできないことが特徴である。最終的には同じボスに出会い、倒せば次の階層へと進むことになるが、どの分岐路を選択するかでステージの環境や道中に登場する中ボスが変わり、プレイ体験は大きく異なるものになる。分岐の数は階層によって3つから5つまで用意されるとのことで、リプレイ性の高さにも繋がりそうだ。

そして寺院を進む中では、かつてこの寺院を訪れた者が遺した手紙を発見できることがあり、またシェルターでは生存者に出会うこともあるという。手紙や生存者からは、強力なアイテムを入手できる隠し部屋に関するヒントを得られる場合がある。情報を集めていくことで、この寺院に隠された謎や、背景となる物語が徐々に明らかになっていくという。

この『Dark Devotion』は、ドット絵で描かれた緻密なグラフィックとダイナミックなアクションが、謎多きダークファンタジーの世界観に映える。冒頭で述べた本作のKickstarterキャンペーンではストレッチゴールを一つ達成しており、当初予定よりもさらに多彩な装備が登場するそうで、ゲームプレイの奥深さにも寄与しそうだ。もともとは今月発売予定としていたが、今回の発表では年内予定とされているのみで、具体的な発売時期は不明。また、コンソール版の具体的な機種もまだ明かされていない。なお、対応言語については英語のみの予定で、追加するとすれば発売後になるだろうとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog