ネコミミ少女達の3Dアクション『Mysteria ~Occult Shadows~』開発中。少女らが華麗にも勇ましく舞う

発売前や登場したばかりのインディーゲームから、まだ誰も見たことがないような最前線の作品を紹介してゆく「Indie Pick」。第635回は『Mysteria ~Occult Shadows~』を紹介する。

中国の学生チームU-Secret Studioによる3Dアクションゲーム『Mysteria ~Occult Shadows~』が開発中だ。対応プラットフォームはSteam。音声込みの日本語対応と、英語と中国語での字幕をサポート。ゲームエンジンにはUnreal Engine4が使用されている。なお、中国語のみとなるが公式サイトも公開中だ。

『Mysteria ~Occult Shadows~』は、動物をモチーフにした少女たちが目を惹く3Dアクションゲーム。舞台となるのは、超自然的な現象が発生する「MYSTERIA」と呼ばれる土地。プレイヤーが操る少女は、神殺しと呼ばれる古代の武器Deal Scyth、Spirit Sword、Shadow Dual-Bladesの3つを所持しており、この3つをシームレスに切り替えつつ、空中ダッシュなどを駆使しながら、多数の敵と戦いを繰り広げていく。プレイ時間は6時間から8時間程度。30種類以上の敵と豊富なスキル、物語としては少女たちの友情が描かれるそうだ。スクリーンショットからは、ボスらしき大型の敵の姿も確認出来ている。

本作で特徴的なのは、国産のタイトルだと言われても全く違和感のない、アメリカンショートヘアやホッキョクギツネなどをモチーフにした、可愛らしい美少女キャラクターの3Dモデルだ。PVやスクリーンショットでは、武器を片手に戦うDarknessの姿が映されていて、雑魚を相手に鎌を振るう姿は舞いのごとく。一方剣を薙ぎ払った直後を映したスクリーンショットでは、少女らしい可憐さが見て取れる。

Kickstarterのキャンペーンページ上には「We want to give you all the best kemomimi girls!」とかなり直球な文言や、ベストケモミミガールの実現の為イラストも含めて何度もブラッシュアップが施された様が掲載されており、より可愛いキャラクターづくりを目指したこだわりが伝わってくるようだ。またPVのうちの一つからは、日本語の主題歌が聞こえてくる。前述のとおり、日本語へのフル対応も予定されているが、こうした対応は日本へ向けた展開と共に、作品へのリスペクトがあるのではないだろうか。

『Mysteria ~Occult Shadows~』は当時17歳だった女性FinalUnrealityCat氏と友人によって2017年5月に、今は亡きSteam Greenlightに『Ferre Loli ACT Game—ForestSecret(靈の秘境)』として投稿され、Steamでのリリースが決定しているタイトル。この時公開されたPVは200万回以上再生され、予想以上に大きな反響を得たそうで、現在Steamのストアページ上にクレジットされているU-Secret Studioを友人と共に始め、『Mysteria ~Occult Shadows~』の開発を本格的にスタートした。

『Mysteria ~Occult Shadows~』では、制作に9か月以上かかったデモ版『Ferre Loli ACT Game–ForestSecret(靈の秘境)』から全ての素材を入れ替えて制作が進行。U-Secret Studioのメンバーは、現在19歳で大学生になったFinalUnrealityCat氏も含め、全員学生。当初は2人で開発が行われていたが、今は9人が関わっているという。

これまで開発資金はお小遣いやアルバイトから捻出していたそうだが、大きなアクションゲームを作るには資金的にも技術的にも難しく、情熱以外のものが不足していたといい、現在Kickstarterでキャンペーンが行われている。Kickstarterで集めた資金は、開発に使うソフトウェアや素材の購入、アニメーターや作曲家の起用とローカライズなど、『Mysteria ~Occult Shadows~』のクオリティアップにあてられるそうだ。すでに790人以上のバッカーを集め、目標金額だった5万香港ドルの2倍以上の金額が集まっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog