ソニーのPlayStation 4向けVRヘッドセット「PlayStation VR」価格は”4万4980円”に、リリースは2016年10月を予定

ソニーはゲーム開発者向けカンファレンス「GDC 2016」のメディア向けイベントにて、PlayStation 4向けVRヘッドセット「PlayStation VR」の価格が4万4980円になると発表した。SCEのプレジデントAndrew House氏が明らかにした。リリース時期は2016年10月となる。すでに新たな公式ページも公開されており、予約販売が近く開始されることや、PlayStation CameraおよびMoveなどは別売りになることも明らかにされている。

【UPDATE 2016/3/16 7:30】ソニーは海外メディアPolygonに対し、「PlayStation VR」を動作させるにはPlayStation Cameraが必要であり、また4万4980円のパッケージには収録されていないことをあらためて伝えた。PlayStation Cameraの希望小売価格は5980円。位置トラッキングに使用されるという。

海外での価格は399米ドル/399ユーロ/349英ポンド。「PlayStation VR」を購入したユーザーには、無料で「The Playroom in VR」が提供されるという。最終的なスペックは、「5.7インチ有機ELスクリーン」「解像度 1920×RGB×1080(片目 960×RGB×1080)」「リフレッシュレート 120Hz/90Hz」「視野角 約100度」「360度トラッキング」「遅延18ms以下」となっている。

なお同イベントに合わせ、Electronic ArtsとDICEが昨年リリースした『Star Wars: Battlefront』の「PlayStation VR」向けバージョンが開発されていることも明らかにされた。

“VR元年”と呼ばれる今年は、すでに各社がVRヘッドセットの製品版をリリースし始めているが、「PlayStation VR」はその中でももっとも安価な部類に入ることとなった。Oculus VRが手がけている「Oculus Rift」は599ドル(国内価格 送料込み9万4600円)、またValveとHTCの「Vive」は799ドル(国内価格 11万1999円)だ。Riftにはハイスペック路線、Viveには移動できるVRヘッドセットというコンセプトがあるが、それでも「PlayStation VR」の価格はユーザーたちに魅力的に写ることになるだろう。特に国内では、「PlayStation VR」とほか2つのVRヘッドセットとの間には2倍近い価格差がある。

また対応タイトルに関しても、専用タイトルとはいかないまでも、『Star Wars: Battlefront』の「PlayStation VR」版という目玉を持ってきた。同作ではEAとDICEの旗艦ゲームエンジン「Frostbite」が採用されており、ほかのEA/DICEタイトルでも「PlayStation VR」が対応する期待が持てる。このほかソニーは『エースコンバット7』『Adr1ft』『Battlezone』『Robinson: The Journey』『Until Dawn: Rush of Blood』『RIGS: Machine Combat League』『Rez Infinite』といったタイトルの「PlayStation VR」対応をすでに明らかにしており、「PlayStation VR」対応ビデオゲームのラインナップは100タイトル以上にのぼる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog