拠点防衛自動化シム『Autonauts vs Piratebots』発表。ロボットをプログラムし、資源獲得から建設、戦闘まで全部自動でこなす

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのCurve Gamesは5月26日、拠点防衛自動化シミュレーションゲーム『Autonauts vs Piratebots』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、今年の夏に配信予定。Steamのストアページによると、ゲーム内は日本語表示に対応するようだ。
 

 
『Autonauts vs Piratebots』は、デベロッパーのDenkiが手がけ2019年にリリースされた『Autonauts』の続編だ。前作は、未開の惑星にて資源を獲得し、建築や農業、畜産、料理などあらゆる仕事をこなして、入植地を発展させるシミュレーションゲーム。作業ロボットであるオートノーツを開発すれば、さまざまな作業工程をプログラムによって自動化できることが特徴である。

本作では、そうしてオートノーツたちによって建設された入植地を、防衛することが目的となる。宇宙海賊が率いる略奪ロボが現れ、入植地を襲い始めたためだ。防衛作戦においては、農業をおこないお金を稼ぎ、また天然資源を獲得して道具や機械を作成していくことになる。

そして本作でも、あらゆる作業をオートノーツにおこなわせて自動化できるという。前作では、プログラミング未経験者でも簡単に扱えるビジュアルプログラミング言語を活用して、作業内容やアクションの条件などを細かく指示することができた。おそらく、そのシステムが継承されているのだろう。
 

 

 
プログラミングについて、本作では戦術的な戦闘プログラムを駆使することにもなるという。作業ロボであるオートノーツを、戦士やアーチャー、ナイトといった防衛ロボにすべく鍛え、そして略奪ロボに立ち向かうよう命令するわけだ。戦闘部分のゲームプレイの詳細はまだ明かされていないが、RTS風になるとのこと。強固な壁や武装した塔の建設もおこないながら、襲撃に備えることになる。

入植地を基地へと転換しさらに発展させていくなかで、略奪ロボは定期的に襲撃してくるという。そうした動きを察知するためには、オートノーツにパトロールをさせることも重要になるだろう。襲撃を退けていくことで、やがてボスも登場。そして最終的には、宇宙海賊の要塞に総攻撃を仕掛けることを目指す。

『Autonauts vs Piratebots』は、PC(Steam)向けに今年の夏に配信予定だ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る