Epic Gamesストアで「Spring Sale 2020」がスタート。『シェンムーⅢ』『ボーダーランズ 3』が50%オフなど、100タイトルほどがセール対象に

Epic Gamesは4月3日、Epic Games ストアにて「Spring Sale 2020」を開始した。セール期間は、日本時間で4月17日1時まで。対象のタイトル数はSteamの季節セールと比べると物足りないものの、独占販売中のタイトルを含めた100作品以上がセール対象となっている。なおSpring Sale 2020では、前回のホリデーセールと異なり1000円オフクーポンの新規配布は行われていない。ホリデーセール時に配布されたクーポンの有効期限が、日本時間で5月1日16時59分までとなっており、今回のセール中でも1480円以上のゲームに対して利用可能だ。

スポンサーリンク

本稿では、セール対象の中からいくつかピックアップして紹介しよう。『シェンムー』シリーズ最新作にして、賛否両論のアクション・アドベンチャー『シェンムーⅢ』通常版が50%オフで2750円。人気ハクスラFPSシリーズ最新作『ボーダーランズ3』が、最安値と同じ50%オフで3990円。超常現象を監視する機関の新人エージェントとなり、崩壊したニューヨークの機密機関を超能力を使って探索する『Control』が35%オフで4017円。宇宙の彼方にある惑星が人類に適しているか確かめるべく、コミカルなエイリアンたちが暮らす星を冒険するFPS『Journey to the Savage Planet』が40%オフで1848円。人類が宇宙を支配した1000年後の未来を舞台に、、傭兵部隊の隊長として巨大ロボットを操る『MechWarrior 5: Mercenaries』が20%オフで4144円。

プレイヤーの行動や選択がゲーム内に影響を与えていくSFFPSRPG『The Outer Worlds』が35%オフで4862円。安住の地を求め、ポストアポカリプス後のロシアを行くストーリー重視のFPS『メトロ エクソダス』が50%オフとなり、最安値と同じ3099円。世代を経て猿を進化させていくサバイバル『Ancestors: The Humankind Odyssey』が50%オフで2190円。錯視を利用した3Dパズルアドベンチャー『Superliminal』が20%オフで1664円。物理演算を搭載した奇妙でおかしなゴルフコメディ『What the Golf?』が35%オフで1352円。先日日本語に対応した、宇宙そのものから微生物にまで見れる不思議なADV『Everything』が60%オフで592円となっている。

スポンサーリンク

そのほか、『World War Z』『ウォッチドッグス』『Minit』『Enter The Gungeon』『Celeste』『Into The Breach』『Limbo』『GoNNER』『The Messenger』『Faster Than Light』など、過去にEpic Games ストアで無料配布対象となっていた作品も、セール対象だ。

また、Epic Games ストアでは、1年ぶりに帰宅したところ、誰も居なくなっていた自宅を捜索するADV『Gone Home』、何の絵が書かれていたのか当てるパーティーゲーム『Drawful 2』、遺跡を探索する見下ろし視点のパズル系アクション『Hob』の3作品が今週の無料配布作品となっている。無料配布作品をライブラリへ追加するついでに、ホリデーセールのクーポンも消化しておくとよいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog