感染症の蔓延を防ぐボードゲーム『Pandemic』、Epic Gamesストアでのデジタル版無料配布が延期に

PCゲーム販売プラットフォームのEpic Gamesストアは、週替わりでのゲーム無料配布を実施している。2月7日午前1時までは農業シミュレーション『Farming Simulator 19』が配布されており、その次の無料配布対象タイトルは、当初『Ticket to Ride』『Carcassonne』『Pandemic』になると発表されていた。いずれもパブリッシャーAsmodee Digitalより販売されている、人気ボードゲームのデジタル版だ。しかしこのたび、『Pandemic』が無料配布タイトルから外れることが明らかとなった。海外メディアのVGCPC Gamer報じており、ストアページからも『Pandemic』の記載はなくなっている。

『Pandemic』は、同名の人気ボードゲームのデジタル版。PC(Steam)/iOS/Android/Xbox One、海外PlayStation 4/Nintendo Switchとさまざまなプラットフォームで配信されている。デジタル版では最大5人のプレイヤーが協力し、世界中に感染が広まりつつある4種類の病原体のワクチンを発見。感染爆発から世界を救うことが目的のボードゲームとなっている。

スポンサーリンク

プレイヤーは「科学者」「研究員」「検疫官」といった役割を選択し、それぞれの特殊技能を活用してチームに貢献。世界の各都市を巡り、研究施設を建設し、ワクチンの研究・開発、そして治療を進めていく。ターンごとに世界のどこかで新たな感染が発生し、根絶が間に合わないと疫病が世界中に広まりゲームオーバーとなる。勝利を手にするには、チームワークが重要。互いに協力し合うことで、感染拡大の危機を乗り越えるのだ。

デジタル版は日本語に対応済み。ローカル協力プレイ、もしくは1人で複数の役割を担当することでのソロプレイが可能。他プラットフォームではゲーム本編のほか、役割やイベントを増やす「Pandemic: On the Brink – Roles & Events」DLC、病原体の1個が毒性株になり難易度が上昇する「Pandemic: On the Brink – Virulent Strain」DLCも販売されている。

Epic GamesがVGCに伝えたところによると、『Pandemic』の無料配布はキャンセルではなく延期となったそうだ。『Ticket to Ride』『Carcassonne』の2タイトルは、2月7日~2月14日分の無料配布タイトルとして残る。VGCやPC Gamerは新型コロナウイルスの蔓延が影響しているのではないかと推測しているが、Epic Gamesは延期理由に言及しておらず、なぜ直前になりラインナップ変更に踏み切ったのかは定かでない。なお、これまでにコロナウイルスの深刻化を受けて起きた事象としては、台湾で開催予定であった台北ゲームショウ2020、中国現地でのオーバーウォッチリーグ、『League of Legends』のプロリーグの開催延期が報告されている。

病原体の感染拡大を扱った作品としては『Plague Inc.』も有名。『Pandemic』が人間同士で協力し合い感染拡大を食い止めるゲームであるのに対し、『Plague Inc.』はプレイヤー側が病原体を作り出し世界を滅亡させるゲーム。先日には、中国で同作の人気が急上昇していることが話題となった(関連記事)。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog