約650万円相当のポケモンカードが行方不明に。郵送中に突如消息を絶つ

6万ドル(約650万円)のポケモンのレアカードが運送中に行方不明になってしまった。オンラインショップにて落札されたカードの買い手は、カードの情報に対して1000ドル(約11万円)の賞金を用意しカードを捜索している。

紛失したポケモンカードは「No.3トレーナー」。1999年に開催されたポケモンカードゲーム公式大会「シークレットスーパーバトル」のトーナメントで3位入賞者へ与えられるカードで、この大会でのみ入手できるもの。PokeBeachは、このカードはTCGカードなどの鑑定サービスPSAでは12枚しか登録されておらず、No.1とNo.2を含むカードのセットは世界に9から18セットしか存在しないとしている。カードの表面にはミュウツーのシルエットとブロンズのマークが印刷されている。カード自体はゲーム中で使用するものではなく、入賞を証明するトロフィー的なカードだった。

当該する「No.3トレーナー」はeBayでポケモンカードを取り扱うショップPokemonPlaceが、2018年に6万ドルでバイヤーに売却したものだ。Polygonに対してPokemonPlaceは、「No.3トレーナー」は(アメリカ合衆国郵便公社)USPSを介して、ドバイに拠点を置く配送会社Aramexまで書留で郵送され、そこから落札者に配送されるはずだったと説明している。Aramexは「No.3トレーナー」を確認できておらず、ニューヨーク以降の追跡記録も確認できていない。カードにはUSPSの保険としては最高レベルの5000ドルの保険金が掛けられていたという。

Aramexはカードを含む大量の荷物を受け取り受領のサインはしたものの、「No.3 トレーナー」のカードはその中に含まれていなかったそうだ。Aramexが受領のサインをしてしまったこともあり、落札者はUSPSに5000ドルの保険金を請求できない状態にあるという。

「No.3トレーナー」が消えた理由は不明であるが、TCGカードコレクターの権威であるsmpratte氏は動画内で、売り手と買い手はコレクターのコミュニティ内で知名度があり信用できるため、カードは郵送中に盗難されたのだろうと推測している。配送中にカードのパッケージの保険金の表示を見た人間が、盗んだという予想だ。カードはケース内に入っており剥がせない状態で、ケースはPSAのデータベースに登録されていている。さらに、中央に特徴的なホログラムが印刷されており、すぐに見分けがつくため、売却することは不可能だろうとsmpratte氏は説明している。

smpratte氏は、カードの紛失はUSPSと輸送会社、eBayの配送プログラムGSP(Global Shipment Program)に問題があるとしつつも、訴訟を起こすつもりはないそうだ。その代わりにカードの落札者は「No.3トレーナー」カードの発見につながる情報を提供した人には1000ドル(約11万円)の賞金を約束しカードの捜索を呼びかけている。

「No.3トレーナー」カードが紛失した経緯は、smpratte氏の推測以上のことは分からない。しかし、現地の配送会社がサインをしたことで、保険金が支払われなかったことがさらに痛手になったのではないだろうか。現在もeBayのPokemonPlaceのストアでは、今回行方不明になった6万ドルのカードを上回る10万ドルのピカチュウの「No.3トレーナー」が出品されている。今回の事件のように高額なトレーディングカードが行方不明になってしまうケースは稀だと思われるが、「No.3トレーナー」が早く発見され落札者のもとに届くことを祈りたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog