『デビル メイ クライ 5』体験版第2弾がPS4/Xbox One向けに配信開始。新たなデビルブレイカーやショップ、セーブ機能が利用可能

カプコンは2月7日、スタイリッシュアクションゲーム『デビル メイ クライ 5』の体験版第2弾をPlayStation 4/Xbox One向けに配信開始した。悪魔に襲われた街レッドグレイブにて、主人公のひとりであり悪魔退治を生業にするネロのゲームプレイを体験できる。

この体験版には本編ミッションの一部が収録されており、基本的な流れは昨年12月にXbox One独占で配信された体験版第1弾と同じだ。ショッピングモールから繁華街へと進み、建物内を抜けて、崩壊した市街地でのボスバトルに挑む。その道中では、いくつかの種類の敵とのバトルがあり、さまざまな環境にてネロのアクションを存分に試すことができる。ネロは、対悪魔用剣をベースに強化したレッドクイーンと、6連装の大口径リボルバー・ブルーローズに加え、悪魔の右腕デビルブリンガーに代わる特殊兵装デビルブレイカーを装備する。

体験版第1弾との違いのひとつは、利用できるデビルブレイカーにパンチラインが追加されたことだ。パンチラインはそれ自体が推進力を持っていることが特徴で、ロケットパンチのように敵に向かって射出して誘導弾として自動的に攻撃することが可能。さらに、呼び戻す際にボタンを押し続けることでパンチラインに乗って飛行することもでき、飛行中にはボタン操作でトリックを決めたり、飛び降りたり、また爆破することもできる。スタイリッシュランクを上げることで飛行時間が延びるため、この体験版にてその扱いをマスターしたい。

もうひとつの違いは、ネロの相棒ニコのショップが利用可能となったこと。ステージ内には公衆電話があり、ここでニコに電話をかけると移動式便利屋「デビル メイ クライ」のバンを運転して駆けつけてきてくれる。ショップでは、敵を倒したりステージ内のオブジェクトを破壊して入手できるレッドオーブを消費して、2段ジャンプのエアハイクや空中で回転斬りを繰り出すルーレットスピンなどのスキル・アビリティ、そしてデビルブレイカーを購入できる。デビルブレイカーはステージ内で入手できることもあるが、任意の種類・数を補充できる点で有用だ。スキル・アビリティについては、製品版では買う前にお試しプレイできるとのこと。

そして、装備するデビルブレイカーの管理もここでおこなえる。デビルブレイカーはパンチライン以外にも、オーバーチュアやガーベラなどが登場し、それぞれ使い勝手や性能が異なるため、プレイスタイルに合わせて選ぶことになるだろう。また、デビルブレイカーは壊れるとマガジンにセットした次のものに切り替わる。ショップでは、その装備順を入れ替えることも可能だ。

また、今回の体験版にはセーブ機能も用意されている。ボスを倒せばタイトル画面に戻って、また最初からプレイする形となるが、それまでに獲得したレッドオーブや、ショップで購入したものについては引き継がれる。1周プレイするだけでは、スキルやアビリティをすべて購入できるだけのレッドオーブは貯まらない。この体験版は、繰り返しプレイすることで本作をより深く知ることができるようになっているわけだ。

なお、カプコンは今回の体験版を使った「スタイリッシュフォトキャンペーン」を実施している。『デビル メイ クライ』公式Twitterアカウント(@devilmaycry_jp)をフォローしたうえで、体験版にて撮影したスクリーンショットにハッシュタグ「#DMC5体験版」を添えてツイートすれば応募完了。抽選で、本作の出演声優陣サイン入り台本(5名)かオリジナルスマホリング(30名)がプレゼントされる。実施期間は2月13日13時までとなっているので、体験版をプレイした方は参加してみてはいかがだろうか。

『デビル メイ クライ 5』は、PS4/Xbox One/PC向けに3月8日発売予定だ。

*本作に至るまでの、『デビル メイ クライ』シリーズの物語を5分で紹介する映像も公開されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog