警察管理シミュ『This Is the Police 2』日本語対応有りで8月2日発売へ。退廃した町に秩序を取り戻すため、汚職を厭わず捜査を進める

THQ Nordic/Weappy Studioは7月2日、『This Is the Police 2』の発売日が現地時間2018年8月2日に決定したことを発表した。対応プラットフォームはPC/Mac/Linux(Steam/GOG.com)で、日本語字幕にも対応。今秋にはPlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch向けの配信も予定されている。本作はブラックユーモアたっぷりに警察官の汚職を描くストラテジー/アドベンチャーゲーム『This Is the Police』の続編であり、前作との違いとしてターンベース・ストラテジー形式での現場捜査パートが追加される。

スポンサーリンク

※2018年4月に公開されたゲームプレイ・トレイラー

『This Is the Police 2』が目指すのは、1作目と同様、アドベンチャー、ストラテジー、マネジメント、ビジュアルノベルなどさまざまなジャンルを融合させたストーリー要素満載のユニークな作品。舞台となる架空の町シャープウッドは貧困と食糧難により暴力が蔓延し、密輸人やギャングが勢力を伸ばしつつある。登場人物に潔白な人間はひとりもおらず、住民たちは家庭内暴力やカルト集団に走り出す始末だ。プレイヤーはそんな絶望の町にやってきた新任保安官リリー・リード。シャープウッドに平和と秩序をもたらすべく、年下の女上司から命令されることに慣れていない部下たちを指揮し、町の暗部にメスを入れていく。

プレイヤーは新任保安官として部下となる警察員ひとりひとりの性能や装備に気を配るだけでなく、実際に調査現場に出向いた部下たちをターンベースで操ることになる。彼らはただのリソースではない。各自に長所と短所があり、時には恐怖と偏見に揺さぶられる生きた人間なのだ。警察員はそれぞれ筋力・知性・交渉・射撃といった性能や、使用可能スキルが異なる。任務開始前には装備品の選択や性能ポイントの割り振りなど人員管理を済ませ、住民からの通報があれば事件現場にどの警察員=ユニットを送り込むのかを判断。現場での捜査はグリッドベースで表示されるマップにて展開される。遮蔽物でカバーを取ったり、ロックピックで建物内に侵入したり、スタンガンや催涙スプレーで敵を無効化したりと、XCOM』風のターンベース戦闘で捜査を進めていく。

現場捜査中には、複数の選択肢から次の一手を決めるテキストアドベンチャー形式のイベントも発生する。例えば立てこもり犯と対峙したときには射殺するのか、パトカーの裏に隠れるのか、交渉を試みるのか、指揮官としてプレイヤーが判断することになる。現場捜査以外でも、部下を容疑者の尋問や収監に当たらせたり、ときには目的を果たすため犯罪者を手を組んだり、あるいは罪をでっち上げたり。自らの立場を危うくしないよう、うまく立ち回りながら業務を進行する。町の住民とどのような人間関係を築くかも重要で、特定の人物との関係がのちの展開に大きく関わってくることもあるという。あらゆるリスクを考慮しつつ最善を尽くし、退廃した町を救い出すのだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog