『Fallout: New Vegas』の前日譚を描く大型Mod「Fallout: New California」リリース日が10月23日に決定

ModチームRadianHelixMediaは、「Fallout: New California」を海外時間10月23日にリリースすることを発表した。「Fallout: New California」はファン制作の『Fallout: New Vegas』向け大型Modだ。以前には「Fallout: Project Brazil」として開発されていた。この名前で認識している方も多いだろう。第一弾が2013年5月にリリース済みで、2017年7月に現在の名前へと変更され、最新版が2018年10月23日に配信される。

「Fallout: New California」は、『Fallout: New Vegas』の前日譚を描くModだ。2260年の荒廃したカルフォルニアを舞台とし、Vault 18から冒険が始まるという。目玉となるメインストーリーには、12のエンディングが用意されており、テキストとしては1万6000以上の台詞(lines)が用意されるという力作。公開されたトレイラー映像では、日本語も含めた豪華なボイスも確認できる。新たな派閥やコンパニオン、BGMも多く追加されるようで、メインストーリーはすでに完成しており、開発チームはサイドクエストの制作に取り掛かっているという。

もともと「Fallout: New California」は『Fallout』シリーズの初期2作のエッセンスを加えることを目標とした始まったModであった。その後、『Fallout 3』向けModから現在の『Fallout: New Vegas』へと転換。開発環境は変わったものの、初期2作をリスペクトする要素は多く詰められているとのこと。開発に5年もの年月をかけた力作Modが、10月にリリースされることになる。本ModはBethesdaやObsidianからもお墨付きをもらっており、Modコミュニティの投票でも上位にあげられる期待作である。大型Modといえば、最近は頓挫や開発中止の報告が多かっただけに、リリースの目処がたったというのは嬉しいところ。

なお、先日『Fallout 4』のエンジンにて『Fallout 3』のリメイクが会社勧告による中止になっていた。この件については、ゲーム内のボイスの使用が焦点だった(関連記事)。「Fallout: New California」については前述したように、テキストもボイスも新たに収録した、オリジナルな冒険が描かれるので、こうした点を心配する必要はなさそうだ。7月からはテスターを募り、ベータテストをおこなうという。興味のある方は、チェックしてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog