ニンテンドー3DS版『蒼き雷霆 ガンヴォルト』の売り上げが25万本を突破。インティ・クリエイツの快進撃は続く

インティ・クリエイツは、公式Twitterにて『蒼き雷霆 ガンヴォルト』の全世界での売り上げが25万本を突破したことを発表した。この数字はニンテンドー3DS版のみの数字となる。昨年7月時点で17万本の売り上げを記録したことが明かされていたが、それから1年、さらに8万本を売り上げて25万本へと到達したようだ。

発売は3年前の2014年、そして定期的にセールで販売されているものの、販売形態がダウンロードのみの新規IPという点、2000円弱という安くない価格設定を考慮すると、大きな快挙を成し遂げたといえるだろう。ちなみにSteamSpyによると、同ゲームのSteam版の所有者数は4万本程度とされている。

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は横スクロール型の2Dアクションゲームだ。SFの世界観を舞台に、2Dアクションながらライトノベル調のシナリオがフルボイスで展開される。2Dアクションとしての完成度の高さやボリュームの多さ、前述の世界観などが高い評価を受けている。続編である『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』が昨年発売され、スピンオフともいえる『マイティガンヴォルト』シリーズなどリリースされており、シリーズは活躍の幅を広げている。

オリジナルアニメも配信中

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、実はインティ・クリエイツにとって初の自社パブリッシングタイトルだ。インティ・クリエイツは同作のリリース以前より『ロックマンゼロ』『ロックマンゼクス』シリーズを代表に2Dアクションの開発には定評があり、そのかたわらで3Dシューティング『ぎゃる☆がん』を制作するなど、実力派の下請けデベロッパーとして名が知れ渡っていた。そんななかで、『蒼き雷霆 ガンヴォルト』の発売が同社をさらなる高みに導いたことに疑いはないだろう。

今年に入ってからは『ブラスターマスターゼロ』と『マイティガンヴォルト バースト』をリリースし、最近ではマーベラスとタッグを組むニンテンドースイッチ向け独占タイトル『Dragon Marked For Death』を発表していた。ハイペースに良質な2Dアクションを世に送り出すインティ・クリエイツの快進撃はまだまだ続きそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog