『Overwatch』から『Heroes of the Storm』まで、数々の発表があったBlizzCon 2015振り返り

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

昨年に引き続きBlizzardのCEO、Michael Morhaime(マイケル・モーハイム)氏はボウリングシャツで登場。いずれはボウリングゲームがBlizzardから発売されるのだろうか……。
昨年に引き続きBlizzardのCEO、Michael Morhaime(マイケル・モーハイム)氏はボウリングシャツで登場。いずれはボウリングゲームがBlizzardから発売されるのだろうか……。

Blizzard EntertainmentによるファンイベントBlizzCon 2015は熱狂冷めやらぬまま幕を閉じた。オープニングセレモニーが始まるまで会場はグリーンのライトで照らされ、公式Facebookのロゴもブルーからグリーンに変わり、2016年の夏リリースが発表された『World of Warcraft Legion』で再び登場するとされているIllidanカラーで統一されていた。会場に集まったファンの盛り上がりを見ても、やはり「Blizzard = Warcraft」なのだろうか。なお、本稿で掲載する写真はプレスキットのもの。

 

StarCraft II

三部作の最終章である『Starcraft II: Legacy of the Void』がすでに予約販売という状態なので、新たな発表はないと思われたが、『StarCraft II: Nova Covert Ops』が紹介された。Nova Terraのストーリーにフォーカスしたミッションパックで、最初のパック(3ミッション)は2016年春にリリース予定とのこと。

世界大会は、韓国のsOs選手(Protoss)が優勝。sOs選手は2013年でも世界王者に輝いており、今回で二度目の栄光を手にした。

 

Warcraft

以前からの予告どおり、映画「Warcraft」のトレイラーが公開された。『Warcraft』シリーズをプレイ済みの方であれば、女オークのかわいらしさに驚くだろう。米国で2016年6月10日から上映予定。

 

World of Warcraft

2016年夏に発売予定の新拡張パック『World of Warcraft: Legion』のシネマティック・トレイラーが公開された。拡張パックが登場するたびに披露されるシネマティック・トレイラーは、短時間の映画のようなクオリティの高さが毎回好評を得る。Stormwindの王「Varian Wrynn」がメインとして描かれており、とくに会場が盛り上がったのはForsakenの女王Banshee Queen「Sylvanas Windrunner」の登場シーンであった。AllianceとHordeの共闘が実現することになる。

『World of Warcraft: Legion』の魅力は、およそ4年ぶりに追加される新クラスと、最初の拡張パック『World of Warcraft: The Burning Crusade』以来の登場となるIllidan Stormrageのカムバックだろう。あの誰もがあこがれた二刀流「The Twin Blades of Azzinoth」を、再び手に入れることができるのだろうか。新クラスはIllidanの使徒「Demon Hunter」であり、Allianceは「Night Elf」、Hordeは「Blood Elf」という種族固定。

通常版の価格は49.99ドル。Blizzardのほかのタイトルに対応したグッズ(『Heroes of the Storm』のFelstalkerマウントなど)が付属するDigital Deluxe Editionは69.99ドル。印象的だったグリーンカラーは、Illidanの復活だけでなく、MMORPGの冬を終わらせるという意気込みが表れていたのかもしれない。

3vs3でおこなわれるArenaの世界大会は、SK GamingがSkill Cappedをおさえて優勝した。このArenaとは、『World of Warcraft』の対人コンテンツであり、MMORPGのエンドコンテンツのひとつがe-Sports種目になっているのだ。

 

Valeera Sanguinar
Valeera Sanguinar

 

Diablo III

blizzcon-2015-roundup-diablo

BlizzCon 2015ではブースの面積も小さくどこかさみしさがあったものの、「Patch 2.4.0」が発表された(トレイラーなし)。このパッチは『Diablo III: Reaper of Souls』に、新たなゾーン「Greyhollow Island」、「Eternal Forest」「Royal Quarters」ふたつのボーナスエリア、倉庫の拡張(最大350スロット、ただし現時点ではPC版のみアナウンス)、ユニークな報酬が手に入る「Set Dungeons」などなど、多くのコンテンツを追加する。すでに公式ブログでは「Patch 2.4.0 PTR Preview」が公開されており、来週にはPTRが開始するとのこと。

 

Hearthstone

日本でも正式サービスがスタートした『Hearthstone』は、「Curse of Naxxramas(ナクスラーマスの呪い)」「Blackrock Mountain(ブラックロック・マウンテン)」に続いて第3弾となる新アドベンチャー「The League of Explorers」を発表。どこかインディ・ジョーンズを意識したかのような世界観で、Temple of Orsis(オルシスの寺院)、Uldaman(ウルダマン)、Ruined City(廃墟の都市)、そしてHall of Explorers(探検家の殿堂)を探索して秘法を探すという設定だ。設定とトレイラーを見たとき、『World of Warcraft』プレイヤーは「Harrison Jones」がテーマなのかと思っただろう。

「The League of Explorers(探検同盟)」は2015年11月13日にリリース予定。まず最初の目的地が13日に、その後は毎週1つずつ合計4つまでリリースされる。ただし11月26日の週を除く。4つのエリアがセットになったものは19.99ドル、1つずつの場合は6.99ドルまたは700ゴールドで購入可能。

BlizzCon 2015で開催された世界大会は、スウェーデンのOstkaka選手が優勝。日本代表のKno選手はベスト4に輝いた。

 

Heroes of the Storm

Heroes of the Storm』からは、新ゲームモード「Arena」が発表された。“Fast-Paced”とうたわれており、ただでさえ早い通常のゲームモードよりも、さらに早く勝敗がつきそうだ。プレビュー動画を見る限りでは、ピックは同一Roleの3体のヒーローのなかから1体を選ぶというシステムで、ほかのプレイヤーと同じヒーローの選択も可能。敵も味方もすべてMurkyという夢のようなプレイが可能になるのだろうか。キューを入れる際に、Roleを指定するのかもしれない。試合は2本先取したチームが勝利となる。よりTeam Brawler(Blizzardは『Heroes of the Storm』をMOBAではなくTeam Brawlerと呼ぶ)らしいゲームモードといったところだろう。

『Heroes of the Storm』はMOBAをベースに、『World of Warcraft』のBattle Groundを少し混ぜたようなRTSである。各バトルグラウンドにはギミックがあり、ほかの同ジャンル作品とは違った魅力があるといえるだろう。いずれ一風変わったゲームモードが登場するであろうと、一度は考えたことがあるのではないだろうか。

リハーサル風景からリークしてしまったが、新ヒーローも発表された。今回発表されたDaughter of Cenariusの「Lunara」、Gilneasの王「Greymane」、見た目とは裏腹にじつはMage/Necromancerの「Cho’gall」、いずれも『Warcraft』の世界から参戦する。もちろんWorgenである「Greymane」は野獣にトランスフォームできる。もっとも驚かされたのは、「Cho’gall」を二人で操作するという点だ。フレンドと一緒に操作するとのことだが、ボイスチャット必須であることは間違いない。ひとりで3体を操る「The Lost Vikings」よりも大変かもしれない。なお、BlizzCon Virtual Ticket購入者には今月中に「Cho’gall」が無料でプレゼントされるようだ。『Overwatch』の「Origins Edition」にあるとおり、「Tracer」の参戦も決定している。もしいつの日か「Roadhog」が参戦すれば、「Stitches」とフック合戦が白熱しそうなのだが……。残念ながら「Zul’jin」は発表されなかった。

新しいバトルグラウンド「Towers of Doom」も発表された。レーンは3本あり、両チームにひとつずつコアがある点は定番だが、特殊なのは相手チームのコアを攻撃する手段が「Altar」を占領するしかないということ。また、相手チームのタワーを破壊すれば自チームのタワーになるという点も面白い。

世界大会はCloud9が3-0で優勝を決めた。準決勝でCloud9が「Murky」をピックすると、会場からは大きな歓声があがった。見る側も楽しめた世界大会だったといえるだろう。

 

Cyb'arak Anub'arak
Cyb’arak Anub’arak

 

Overwatch

PS4とXbox Oneでの発売やパッケージ販売など、さまざまな噂が現実となった『Overwatch』。欧米圏でベータテストが開催されており、いまもっとも注目度が高いBlizzardタイトルといえるだろう。BlizzCon 2015開催前にほぼすべての情報がリークしてしまったが、ネパール(日本出身)・中国・韓国のヒーローが紹介された。発売時期は2016年の春を予定しており、プラットフォームはPC(Windows)・Xbox One・PlayStation 4。クロスプラットフォームプレイには対応しない。公式サイトではすでに予約販売がスタートしている。

予約特典の「Noire Widowmaker Skin」以外は付属しない通常版は39.99ドル、5人のヒーローのスキンやBlizzardタイトルに対応したグッズが付属するOrigins Editionは59.99ドル、さらにアートブックやサントラそしてSoldier: 76のスタチューがセットになるCollector’s Editionは129ドルとなっている。日本からはデジタルダウンロード版のみ購入可能。

欧米圏で開催中のベータテストのデータが公表された。総試合数は8万2000回、1試合にかかる平均時間は7分34秒、もっともプレイされたヒーローは「Pharah」、もっとも勝率が高いヒーローは「Symmetra」だという。彼女のSentry Turretの強さが表れたのかもしれない。公式Twitterによると、ベータテストプレイヤーの増員については、はっきりとしたスケジュールは決まっていないそうだ。

質問タイムでは、現時点でMacを予定していないことと、ローンチ時のキャラクターはすでに発表ずみの21人であることが明かされた。また、Xbox OneやPS4で1台のテレビで複数プレイヤーが遊べる画面分割Co-opは可能かという質問に対し、現時点で予定はないが素晴らしいアイデアだとJeff Kaplan氏は回答した。いくつかのBlizzardタイトルがサポートしているModに関しては、将来的に対応したいという希望を持っていると語った。

『Overwatch』がFree-to-Play(以下、F2P)でないことに驚いた人は多いかもしれない。しかし、F2Pであった場合のほうが驚きは大きい。まず、Blizzardは有料であってもゲームが売れることを知っている。毎年サブスクリプション(月額課金者)の数が話題になる『World of Warcraft』は、今年で550万人に減少したと言われている。最新のコンテンツを楽しむためには拡張パックを購入しなければならないという点を考えると、この550万人は月額課金をしているプレイヤーであることの前に、拡張パックを購入している人数の多さを表している。2014年に発売された現時点で最新の『World of Warcraft: Warlords of Draenor』(49.99ドル)は、販売開始から24時間で330万本を売り上げた。この本数は、2007年に発売された拡張パック第1弾『World of Warcraft: The Burning Crusade』が24時間で記録した240万本を超えており、PC版『Grand Theft Auto V』の約3倍である。

また、これは私の憶測にすぎないが、Blizzardがサービスを提供しているF2Pタイトルは『Hearthstone』と『Heroes of the Storm』のふたつであり、どちらもBlizzardが手がけるほかのタイトルにユーザーが流れる可能性を秘めている。『Hearthstone』は『Warcraft』シリーズに、『Heroes of the Storm』は全タイトルにつながっている。Valveの『Team Fortress 2(2011年6月にF2P化)』『Dota2』が、最終的にSteamでのゲーム販売で利益を得るというビジネスのひとつとして機能しているはずだと考えると、上記2タイトルが無料F2Pであることに疑問を感じない。しかし『Overwatch』は新規IPであり、登場するキャラクターはBlizzardタイトルにうっすら似ている部分(HanzoとVarian Wrynn、WidowmakerとKerriganなど)があるものの、横への流れはそれほど期待できないだろう。それならば無料でサービスするのではなく有料で販売し、月日をかけてコンテンツを増やしていくというBlizzardらしいビジネスモデルが最適だろう。

 

Cosplay

blizzcon-2015-recap-cosplay-002

年に一度の大イベントとなれば自然と気合が入るもの。最優秀に輝き3500ドルを手にしたのは「Medieval Marine」に扮したPappa Cosplay氏。もはやコスプレの域を超えている。そのほか、さまざまなコンテストの結果は公式サイトにて公開されている。

 

今年も大きな盛り上がりを見せたBlizzCon。あらためてコミュニティ運営のうまさを見せ付けられたといったところ。来年は『Overwatch』の大会が開催されるのだろうか。リメイクが噂される『StarCraft』『Warcraft III』『Diablo II』など、今後もBlizzardの動きから目を離せそうにない。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る