ブロック崩しゲーム『アルカノイド』の新作『Arkanoid Eternal Battle』発表。仏パブリッシャーがタイトーと提携して開発

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

フランスのパブリッシャーMicroidsは11月22日、『Arkanoid Eternal Battle』を発表した。対応プラットフォームは未定で、2022年発売予定。本作は、タイトーの定番ブロック崩しゲーム『アルカノイド』をもとにした新作だ。

同社は今年9月、タイトーと提携して同社IPの新作を2本手がけると発表していた(関連記事)。今回発表された『Arkanoid Eternal Battle』が、そのうちの1本ということのようだ。『アルカノイド』というと、タイトーが開発し、1986年から展開しているブロック崩しゲーム。プレイヤーは、バウスと呼ばれる棒状の宇宙船を左右に操作し、エナジーボールを弾き返して、フィールド上部にあるブロックに当てて破壊していく。パワーアップアイテムなどの要素も存在し、シンプルながらやり込みがいのある定番ゲームだ。


今回発表された『Arkanoid Eternal Battle』は、『Pix the Cat』や『Pang Adventures』の開発元であり、またユービーアイソフトのNintendo Switch版『レイマン レジェンド』などを手がけた実績をもつPastagamesが開発を担当。現時点では、上のティザートレイラーが公開されているのみで、どのような作品となるのか具体的な情報は少ない。

Microidsの発表によると、本作はソロプレイのほかマルチプレイモードも搭載。そして『アルカノイド』シリーズならではの要素を備えながら、新たなエフェクトやボーナス要素などにより現代化させるという。そうした新要素については、同シリーズのベテランプレイヤーを驚かせるものになるとしている。また、タイトー取締役執行役員の鈴木雅一氏は、古くからのファンだけでなく、新たなプレイヤーにも満足してもらえる作品になるだろうと述べ、本作を手がけるMicroidsに寄せる信頼を語った。

『Arkanoid Eternal Battle』は2022年発売予定。対応プラットフォームは未定である。先述したタイトーとの提携発表時にMicroidsは、日本市場での成長に貢献するタイトルとして期待しているとコメントしていたため、国内リリースにも期待できそうだ。また、もうひとつ開発中だというタイトーIPの新作の続報にも注目が集まる。




※ The English version of this article is available here

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る