ハクスラARPG『アウトライダーズ』大型アプデ「New Horizon」が11月17日に配信へ。遠征タイマー廃止や、アイテムの見た目変更機能追加など

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは11月16日、アクションRPG『OUTRIDERS(アウトライダーズ)』の次期大型アップデート「New Horizon」を、日本時間11月17日午前1時に配信すると発表し、アップデートの概要を公開した。


アップデート「New Horizon」では、まず遠征ミッションにおけるタイマーが廃止。従来は、クリアタイムの速さによって報酬の内容が決まったが、アップデート後にはタイムに関係なく、選択したチャレンジティア(難易度)に応じたクリア報酬を獲得できる。また、過去数か月におけるクリア状況をもとに、各ミッションに報酬が割り振られる。たとえば、比較的クリア時間が長かった「干からびた大地」では、より多くの報酬を獲得できるという。

以前の仕様は、速くクリアすることを目的にしたプレイスタイルをプレイヤーに強制するかたちとなっていたことから、変更することにしたそうだ。なお、タイマーは設定にて表示することも可能で、純粋にクリアタイムを競う目的に利用するものとなる。

また、新たな遠征ミッションも追加される。Molten Depths・The City of Nomads・The Marshal’s Complex・The Wellspringと呼ばれる4種類で、惑星エノクにおけるまだ見ぬ地域を舞台にするという。また各ミッションには、本編に登場するキャラクターやイベントにまつわる、小規模なストーリー要素も含まれているとのこと。


武器など装備アイテムの見た目を変えるTransmogシステムも追加予定だ。特定のアイテムの見た目を、別のアイテムに適用することができ、武器に関しては音も入れ替え可能。武器の性能は気に入っているものの見た目が気に入らないとか、スキル発動のために組み合わせた装備セットの見た目を揃えたい、といった際に利用すると良いだろう。コスト不要で、いつでも何回でも見た目を変更可能である。

アイテムを一度獲得するとTransmogライブラリに登録され、同じアカウントであれば別のキャラクターでも利用可能。アップデート以前に獲得していたアイテムも、同じくTransmogシステムにて利用できる。こうしたシステムは、プレイヤーから多くの要望が寄せられていたそうで、ついに実現することとなる。


本作ではこれまでのアップデートにて、レジェンダリーアイテムを入手しやすくする改善が施されてきた。今回のアップデートではさらに、遠征ミッション嵐の目のクリア報酬にレジェンダリーアイテムを用意。ランダムに示される3種類のアイテムから、ひとつを選択して入手可能だ。

レジェンダリーアイテムに関連しては、ティアゴのショップが改修。オプションとして、レジェンダリーアイテムの品揃えを入れ替えたり、ランダムにレジェンダリーアイテムを購入する機能が追加される。これらを利用するには、ドロップポッドリソースを消費する必要がある。


このほか、オープニング映像のスキップ機能の追加(PS4/Xbox One版は除く)など、QoLの改善も実施される。上の紹介映像ではこれまでに配信したアップデートでの改善にも数多く触れており、より遊びやすくなったことを、本作から離れてしまったプレイヤーにもアピールしていることがうかがえる。

『OUTRIDERS(アウトライダーズ)』は、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに販売中。大型アップデート「New Horizon」は、日本時間11月17日午前1時に配信予定だ。なおアップデート後、12月1日午前1時までに本作をプレイすると、特別なレジェンダリーアーマーがプレゼントされる。体験版でも入手可能とのことである。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る