スクエニの新作アクションRPG『フォースポークン』2022年春にPS5/PC向けに発売へ。『アンチャーテッド』元開発者も制作参加

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月10日、映像配信番組「PlayStation Showcase 2021」を放送。このなかで、スクウェア・エニックスの『FORSPOKEN(フォースポークン)』が2022年春に発売されると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 5。また、スクウェア・エニックスからはPC版も同時期に発売することが明らかにされている。

【UPDATE 2021/09/10 6:45】スクウェア・エニックスからの発表内容を踏まえ、タイトル・本文に対応プラットフォームを追記。


『FORSPOKEN(フォースポークン)』は、スクウェア・エニックス・グループから発足したグローバルゲームスタジオLuminous Productionsが開発するアクションRPG。主人公は、フレイ・ホーランドという名の21歳の女性だ。彼女は、現代のニューヨークのストリートで育ったが、ある日突然アーシアという不思議な土地へと転送される。そこは、ファンタジーや悪夢が現実となったような世界だった。

フレイは元の世界へと戻る方法を探して、アーシアを旅することになる。そして彼女には、意思を持った魔法のブレスレット・カフが相棒となる。本作では、カフの力を借りて魔法を操るゲームプレイとなるようだ。今回公開されたトレイラーでは、巨大なドラゴンなどさまざまなモンスターが登場。フレイは、右腕から遠距離攻撃を撃ったり、地雷のようなものを設置したり、あるいは剣のような攻撃を繰り出して戦っている。また、マップ内を高速で駆け回るなかでは、グラップリングフックのような能力を使う様子もみられる。詳細はまだ不明だが、本作ではこうした能力を獲得しながら冒険を進めていくようだ。


アーシアの世界は、タンタと呼ばれる人物が支配しており、かつてはその強大な力でアーシアを守っていたが、いまは権力に溺れた存在になっているという。フレイはカフのほかにも、古文書学者のジョヘディや、オーデンという名の若い女性などの力も借りながら、タンタに立ち向かうこととなる。元の世界に帰るためには、タンタと対峙し、内なる何かを呼び覚ます秘密を解き明かす必要があるのだそうだ。

なお本作の開発には、『アンチャーテッド』シリーズのAmy Hennig氏や、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のGary Whitta氏などがライターとして参加。また、『ゴッド・オブ・ウォー』のBear McCreary氏や、『バイオショック』のGarry Schyman氏が楽曲提供しているとのことだ。

『FORSPOKEN(フォースポークン)』は、PS5/PC(Steam/Epic Gamesストア/Microsoft Store)向けに2022年春発売予定。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る