待望のゲーム化『メイドインアビス 闇を目指した連星』PS4/Nintendo Switch/Steam向けに発売決定。当然CERO Z

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スパイク・チュンソフトは5月5日、『メイドインアビス 闇を目指した連星』を発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)。2022年の発売が予定されている。


『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、人気マンガ/アニメ「メイドインアビス」を原作としたゲームだ。ジャンルとしては“度し難いアクションRPG”になるという。ストーリーは、ゲームオリジナルのものが展開される。リコたちがアビスへと旅立った幾日後から始まる“もうひとつのアビスの物語”が描かれるそうだ。プレイヤーは名もなき人物として、アビスの世界に降り立ち、深層を目指すという。

冒険に際してはアニメの物語を追体験できるほか、原作者であるつくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリーが用意されているそうだ。リコやレグをはじめとした、原作キャラの面々も登場するとのこと。イベントシーンについては、アニメキャストによるフルボイスになっているという。


「メイドインアビス」は、WEBコミックガンマで連載されているマンガだ。原作者はつくしあきひと氏。ほのぼのとした絵柄で、 ダークかつエグいストーリーが描かれる作品として人気を博しており、テレビアニメや劇場版アニメが公開されている。ゲーム化については、TVアニメ第二期の告知に際して発表された。

本作のレーティングは当然の如くCERO Zになっているほか、美麗なグラフィックにより原作を思わせる雰囲気が表現されている。リコを演じる富田美憂さんもゲーム化に際してコメント。すでに収録をしているそうで、「収録の際、一足先に映像を観させていただいたのですが、すんごいです!!」とコメントしている。


メイドインアビス 闇を目指した連星』は、PlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに2022年に発売予定だ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る