コマンドアクションRPG『Virgo Vs The Zodiac』日本語対応で12月13日Steam配信へ。12星座の支配者たちを倒していく、ワガママ高潔女王の物語

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

DEGICAのゲームブランド「DEGICA GAMES」は12月6日、『Virgo Vs The Zodiac』を12月13日に発売すると発表した。『Virgo Vs The Zodiac』は、アクション要素のあるコマンドバトルを搭載した、キュートでダークなテイストのブラジル産ファンタジーRPG。対応プラットフォームはSteam。クラウドファンディングキャンペーンの成功を受けて2017年に開発がスタートし、2018年12月に発売予定とされていた作品。その後2019年秋の発売が告知されていたが、日本語に対応した状態でついにリリースされることとなる。

『Virgo Vs The Zodiac』は、黄金時代の復活を夢見るおとめ座の女王ヴァーゴが、他の12星座の支配者を倒しにいくファンタジーRPGだ。本作の舞台となるのは、絶対者によって支配された黄金時代が終わり、12星座の名を冠するゾディアックたちがそれぞれの星界を支配する宇宙。主人公である純潔の女王ヴァーゴは、おとめ座の支配者であり、秩序と均整から外れたものを破壊しようとする、ちょっと行き過ぎたところのある少女。ヴァーゴにとって、星列の乱れた現在の銀河はカオスそのもの。他の星座の住人を異端者と呼ぶ彼女は、自らの正義にもとづく浄化や何らかの目的のため、黄金時代を再来を目論んでいる。

ヴァーゴは、ゾディアックがそれぞれ支配する12星座へ向かうことになる。生産性が重んじられ、ヤギサラリーマンが寝る間も惜しんで働き、労働環境の改善を求める反乱も起こっているブラック企業じみたカプリコーン。巨大なケーキが森の中に鎮座し、住民たちがアルパカを釣ろうとしていたり、アルパカの迷宮があるタウラスなど、個性的な世界を探索していく。ストーリー上では、星のコアを集めている仮面の女や預言者であるパイシーズなど、ヴァーゴ以外にも可愛らしいイラストとドットで描かれたキャラクターも登場。キャラクターを見逃すか、それとも戦いを継続するかなど選択肢が提示される場面もあり、テキストや展開が変化するほか、進め方によって異なるエンディングへ繋がっていくそうだ。

戦闘には、コマンドバトルにアクション要素を加えたシステムが採用されている。コマンドを選択したり、敵から攻撃を受けると画面上にボタンやゲージが出現。画面に従ってコマンドを入力したり、タイミングよくボタンを押したりなどの入力により行動が判定され、パーフェクトならダメージが増加し、反対にミスすれば大ダメージを喰らってしまう。それなりにシビアな入力を要求されるこのシステムによって、緊張感のあるバトルが展開される。

また、ヴァーゴや仲間の装備品にはスキルが設定されており、装備を変えるとバトル中のスキルも変化していく。敵味方のスキルには攻撃時にHPを回復したり、スタンを発生させたりなど、判定成功時に発動する追加効果の設定されたものも多く、タイミングやカスタマイズが重要になりそうだ。そのほか、ゲーム中には移動を表現したシューティングや、お祭で行われている賭けバトルなどのミニゲームも用意されている。

『Virgo Vs The Zodiac』を開発しているのは、ブラジルのインディーゲームデベロッパー Moonana。Moonanaにとって本作は最初の作品であり、『マリオ&ルイージRPG』や『マザー』などのJRPGに影響を受けて開発されているとのことだ。過去のクラウドファンディングキャンペーンページ(Fig)によると、本作に関わっているメンバーは、ストーリーやグラフィック・プログラムを含め『Virgo Vs The Zodiac』の全般を手掛け、アルパカに詳しいというMoonana氏。主にテストやMoonnana氏のサポートをするAnglerman氏。本作のメインテーマなどを手掛け、『Momodora』シリーズなどに関わっていたElektrobear氏。同じく楽曲を担当するSemiprocastinator氏、上記の4名によって作られている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog