『レッド・デッド・リデンプション2』のシングルプレイDLCについて問われたRockstar 、現状はオンライン体験に専念していると回答

Rockstar Gamesは、『レッド・デッド・リデンプション2』(以下、RDR2)のシングルプレイDLCではなく、『レッド・デッド・オンライン』の開発・運営の方に専念していると、海外メディアVG247に明かした。開発陣の目指すところは、『RDR2』のシングルプレイ体験でプレイヤーが楽しんだことを、オンラインの世界にも持ち込み、肉付けしていくことだと、同作におけるリード・オンラインプロダクション・アソシエイトのKatie Pica氏が説明している。同社の『グランド・セフト・オートV』では、結果的にシングルプレイDLCは出さず、『グランド・セフト・オート:オンライン』の拡張に専念したことで大成功をおさめている。

『レッド・デッド・オンライン』では、今後も従来的なシングルプレイゲームのようにコンテンツを追加していく計画があり、最近では9月に配信された「荒野の職業」アップデートにて3種類の新しいロール(役割)が追加された。悪党を捕まえる賞金稼ぎ、ベンチャー企業を立ち上げる商人、貴重な宝を発掘する収集家だ。これらの役割ごとの放浪イベント、新しい馬の品種・武器・衣類なども加わっている。

『RDR2』という巨作のために作り上げた世界に見合うよう、今後もアクティビティ、ランダムイベント、キャラクターなどを加えていくことで、『レッド・デッド・オンライン』の世界を拡張していくつもりだと、Pica氏は語っている。また将来的には土地の購入、NPC犬のクエスト同行も予定しているとのことだ。

なお前作では『レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア』DLCが好評を博し、『GTAオンライン』でもハロウィンの時期になるとホラーテーマのイベントを実施している。そのほかにも、まだ掘り起こせていない可能性がたくさんあると、Pica氏は『レッド・デッド・オンライン』における今後について含みを持たせていた。

『RDR2』では、ゲーム本編で入ることのできないメキシコマップ部分にもアセットが用意されていることや、ジョン・マーストンの息子ジャック・マーストンの成長後のボイスと思わしきファイルが含まれていたことから、将来的なDLCを期待する声があった。現状はそうしたシングルプレイDLCに期待を膨らませすぎない方がよさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog