絶望のダンジョンRPG『MISTOVER』Nintendo Switch向けに10月10日に配信へ。心を狂わせる「霧」の中を突き進む

アークシステムワークスは本日8月8日、『MISTOVER(ミストオーバー)』を10月10日に発売すると発表した。価格は税別3000円で、対応プラットフォームはSteamおよびNintendo Switch。Steam版の発売が、Switch版と同じであるかは不明だ。本作は韓国のKRAFTONが手がけるダンジョンRPG。アジア地域のパブリッシング権をアークシステムワークスが取得し販売する形。なおSteam版はKRAFTONが販売を担当する。
【UPDATE 2019/8/8 19:40】
Steam版の発売日を未定へと変更

『MISTOVER』は、ダンジョンやローグライク要素を含むRPGだ。舞台となるのは、多くの国々が繁栄と衰退を繰り返す大陸。絶望の柱と呼ばれるオブジェクトが出現し、そこから人を襲う幻獣が現れた。人類の滅亡に近付く中、幻獣は突如として姿を消したが、幻獣がまた現れる恐怖に苛まれる。そこで特別調査団は、濃い霧に覆われた絶望の柱へと踏み込む。人の精神を侵蝕する霧。そして唯一その霧を払えるのは、人の血から生まれる光花のみ。プレイヤーは、そんな極限なエリアを調査団として探索していく。

過酷な環境のダンジョンを探索し、人類の生存のために死闘を繰り広げる。ダンジョンはプレイするたびに自動生成され、ダンジョン内に存在する霧(ミスト)がプレイヤーの視界を阻む。調査員が活動するには、食料が必要なようだ。ダンジョンを進むほど霧が濃くなっていき、食料消費も激しくなるという。

調査員は、8つのクラスのキャラクターから選択可能。パラディンやシャドーブレード、シスターやグリムリーパー、ロウニン。オンミョウジにウィッチ、ウェアウルフとクラスは非常に多彩。基本的には5人で調査をすることになるのだろうか。これらの調査員は、経験を積むことでスキルを取得し成長させたり、装備をアップグレードしていくことが可能。調査員は一度死亡すると生き返ることはない。パーマデス形式が採用されているので、常に慎重な判断が迫られているだろう。

戦闘はターン制となっている。会得しセットした20種類以上のスキルと戦闘陣形を組み合わせ、効果的にダメージを与えていこう。ダンジョン内の草むらと探索スキルを活用すれば、群がるモンスターたちから身を隠し、戦闘を回避することもできる。場合によっては、戦闘中に逃げることも可能なようだ。

また本作の代名詞である霧は、ゲームプレイにも大きな影響を及ぼす。霧に晒された調査隊員は新しいパッシブスキルを得ることもあり、さらには彼らの話し方、思考さえも変わるかもしれないという。世界の植物と動物たちにも大きな影響を及ぼし、植物は化石化され、動物は突然変異でモンスターに変わることも。ゲーム内のすべてのアイテム、食料、消耗品、装備にまで霧の影響が及ぶ。そんな危険な霧の中を突き進んでいくのだ。

『MISTOVER』は、Nintendo Switch向けに10月10日に配信予定。見た目はかわいく、システムはハードなRPGの発売に期待しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog