賛否両論の年齢フィルターアプリ「Face App」はゲームキャラにも適応可能。『FF7』のエアリスなども顕著な変化

笑わせる

AIが流行の真っ直中にある昨今、日々研究が行われゲームやアプリなどへ応用が行われているが、海外のSNS上ではスマートフォン向けアプリ「Face App」の年齢フィルタを使い、自撮りした写真を若くしたり歳を取らせたりして加工するのが流行っている。実はこの「Face App」、写真だけでなく画像にも対応しており、ゲームキャラクターに適用することも可能だ。過去に国内でも話題となっていたので、キャラクターを笑顔にするアプリといえばわかる方もいるだろう。

ホットな話題ということでGameRevolutionなど海外メディアでも年齢フィルターをゲームキャラクターに適応させ遊んでいる。それらに習い、いくつかのキャラクターを試してみた。単にアプリで画像を加工しただけであるわけだが、意外な発見があったので画像と共にその内容を紹介したい。

元画像
老化
若返り

昨年発売されたSFADV『Detroit: Become Human』から、主人公の一人コナーの相棒として登場する刑事ハンクに年齢フィルターを適応したのが、上記の画像だ。元々それなりの年齢でアルコール依存症を患っているハンクだが、加齢フィルタを通したところ、顔の特徴はそのままに、より年月と屈折を積み重ね偏屈な老人そのものとなったハンクが登場した。このハンクは確実にオリジナルより面倒だ。一方、若くして見たところ、キレイなハンクが画面に現れた。本当にハンクなのか疑いたくなるほどの変貌ぶりだが、髪や髭はそのままで、基本的には顔から皺が消えているだけ。『Detroit: Become Human』の極めてリアルなキャラクターデザインと相性が良かったのか、全く異なる2つの面を見ることが出来た。

次に試そうとしたのが、『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するアイドルの一人、安部菜々ことウサミンだ。設定上17歳である彼女が、年齢フィルターによってどのような変貌を遂げるのか興味があったので、対象に選択した。しかし、アニメ調のグラフィックと相性が悪いのか、「Face App」は顔を認識してくれない。認識してくれる画像もあるのではないかと画像を順に試していったところ、顔として認めてくれる画像もあったものの、どのフィルターを通しても顔が変わらない。結果的に、「Face App」では17歳以外の姿を見ることは出来なかった。ウサミンは永遠の17歳なので、歳は取らないということにしておこう。なお、同じアニメ調の3Dグラフィックを採用したタイトルとして、アトリエシリーズのキャラクターなどいくつか試してみたのだが、その範囲で顔として認証してくれるものはなかった。

老化
若返り

では写真により近く、モデルがはっきりしているキャラクターではどうだろうかと選んだのが、『サイバーパンク2077』E3トレイラーのラストで登場したキアヌ・リーブスだ。1枚目の画像では、皺くちゃになったキアヌ・リーブスが登場している。オリジナルより戦闘は苦手そうだが、このコンパニオンはきっと皺の数だけ経験を持っていて、何だかんだとプレイヤーをサポートしてくれるに違いない。2枚目の画像はヤングフィルターをかけただけのものだが、若い頃のキアヌ・リーブスとは少し雰囲気が異なるが、相棒として長く苦楽を共に出来そうだ。

元画像
老化
若返り

ここからは『ファイナルファンタジーVII リメイク』E3トレイラーからエアリス、ティファ、セフィロスの3キャラクターにフィルターを適応したものを紹介しよう。エアリスにそれぞれのフィルターをかけたのが上記の画像だ。加齢フィルターの方は、長生きして可愛らしいおばあさんになったエアリスが映されている。綺麗に歳を重ねた印象だ。もう一方は、美白に目覚めたか、化粧が違うエアリスといったところで、殆ど違いはないように見える。

元画像。トレイラーをキャプチャしたもの
老化
若返り

ティファに加齢フィルターをかけた画像では、全体としてエアリスと同じように歳を重ねた印象だが、肩のところにある、何らかの侵食を受けているかのような傷が気にかかる。若くした方の画像では、少し顔に違和感があり、お面を被っているようにも見える。同じ作品であっても、シチュエーションや表情、キャラクターによって向き不向きがあるのかもしれない。

元画像
老化
若返り
笑わせる

このように楽しく遊ぶことも出来る「FaceApp」だが、セキュリティ面での懸念を示す声もある。「Face App」では、画像を処理する際に端末内ではなく、サーバーに一度画像をアップロードした後、画像の処理を行う。アプリに許可を与えている場合、アプリが端末内の写真フォルダーへのアクセス可能となるが、このような仕様を受けて「Face App」が勝手に写真にアクセスして、写真をアップロードしているという報道がある(Gigazine)。iPhoneのセキュリティに関する海外の専門家の意見では、噂を確かめてみたところ、そういった動きは見られず、あくまで噂に過ぎないという。また、開発元の元CEOによれば、サーバーで処理された画像は、一定時間後に削除されているそうだ。

だが、こうした懸念は別の方面からもある。「Face App」の利用規約には、写真・名前・ユーザー名・好みのデータを、企業が利用可能であると記されていて、これはEU一般データ保護規則に反するという意見が、弁護士のエリザベス・ウェインスタイン氏から出ている。ユーザーデータの第三者への売却は行わないそうだが、「Face App」を利用する際は、こうした懸念事項を念頭に置き、最低限に留めた方が良いかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog