発売から22年の時を経て『ゴールデンアイ 007』のAIについて語られる。スマートなAIは『Half-Life』にも影響を与えていた

ビデオゲームにおけるAIについての話題を中心に取り上げるYouTubeチャンネルAI and Gamesは7月11日、NINTENDO64向けFPS『ゴールデンアイ 007』に搭載されるAIについて解説した動画を投稿。如何にして複雑な挙動を行うAIの搭載を実現したのか。またValveの開発するFPS『Half-Life』と関連するエピソードについて、ゲームAI研究者であるTommy Thompson氏から語られた。Kotakuなどがそれを報じている。

スポンサーリンク

『ゴールデンアイ 007』は1997年、NINTENDO64向けに発売されたファーストパーソン・シューティングゲーム。タイトルの通り、同作はアクション映画「007 ゴールデンアイ」を題材とした作品である。オリジナルストーリーを交えつつ、原作映画を忠実に再現したシングルプレイモードや、最大4人でプレイ可能な対戦モードが多くのNINTENDO64ユーザーから支持を集め、全世界で800万本以上の売り上げを達成した。

前述したように、『ゴールデンアイ 007』は、原作映画の高い再現率と、多彩な武器が用意された4人対戦モードによって、人気を博すこととなったが、そのほか、NPCの“人間らしい”動きも魅力のひとつであった。たとえば、銃を撃つだけでなく、警報を鳴らし増援を要請する敵NPC、恐怖を感じて逃げ惑う市民など、複雑な挙動を行うNPCが登場している。マシンパワーが進化した今、優れたAIがNPCに搭載されるゲーム作品は少なくない。しかしスペックに制約があるNINTENDO64で優れたAIを搭載することは困難なことと思われる。一体、どのようにして『ゴールデンアイ 007』の“人間らしい”NPCは形作られたのだろうか。

このような疑問に際して、Thompson氏は『ゴールデンアイ 007』および精神的後継作『パーフェクトダーク』の開発に携わった中心メンバーの1人David Doak氏に連絡を取ったようだ。Thompson氏の報告によると『ゴールデンアイ 007』は、ゲームディレクターのMartin Hollis氏とエンジニアのMark Edmonds氏、2人の考案によって生み出されたという。Hollis氏は元々、敵がプレイヤーへ向かって銃を撃つだけでなく、隠れる、攻撃を受けることで何らかの反応を示すという具合に、NPCがダイナミックな動きをする『バーチャコップ』のような作品に触発されていた。その後、1993年に発売された『DOOM』に搭載されるAIを超えるような作品をつくることを目標としたようだ。

Doak氏がこのプロジェクトに参加したとき、3Dの動きやレンダリング、シンプルなAIはEdmonds氏によって既に用意されていた。しかしゲームシステムが確立されていく中で、さらにAIの動きを洗練させる必要がでてきたようだ。優れたAIの実現のために、Doak氏や他のチームメンバーがアイデアを提案。こうした協力もあり、歩く、あるいは走る、さらには手榴弾を投げる、サイドステップを行う、横に転がる、片方の膝をついて発砲、銃声を聞きつける、銃を向けると一定確立で降伏するなど、多彩な行動をするNPCの実現に成功したのだ。

2004年に行われたヨーロッパ開発者フォーラムでHollis氏は「重要なことは、プレイヤーにAIを見せることです。プレイヤーが気づかないとこで洗練されたAIを搭載しても意味はありません。」と、プレイヤーが遭遇している状況や、行っている動作などを考慮したうえで、AIによるNPCの動作を“見せる”ことの重要さについて述べていた。

今回投稿された動画内で、Thompson氏はほかにも興味深いことを報告している。それはValveが開発するFPS『Half-Life』に採用されたAIシステムは『ゴールデンアイ 007』のAIから影響を受けているという点である。どうやらDoak氏は、1998年に英国で行われたビデオゲームの見本市で元Valveの開発者たちと出会った際、「『ゴールデンアイ 007』のおかげで『Half-Life』の制作ではたくさんやり直しが必要になったよ」と冗談交じりに言われたそうだ。

この発言は『ゴールデンアイ 007』に搭載されたAIに対する言及だったようだ。『ゴールデンアイ 007』をプレイして、これほど優秀なAIがあるなら『Half-Life』にも同じAIシステムを採用したい。その上で色々と作り直さなければいけない場面が出てきたといったところだろう。ともあれ、AI構築において紆余曲折を経た『ゴールデンアイ 007』が、往年の名作FPSに影響を与えたという事実はゲーマーにとって感慨深いものがあるのではないだろうか。なお『ゴールデンアイ 007』に搭載されたAIの技術面、システム面の具体的な詳細はAI and Games公式ホームページでも語られている。興味のある方はこちらも参照して頂きたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog