高評価実写サウンドノベル『428 封鎖された渋谷で』PS4/PC版配信開始。PS4向けには引き継ぎ可能な体験版が配信中

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スパイク・チュンソフトは本日9月6日、PlayStation 4/PC(DMM/Steam)版『428 ~封鎖された渋谷で~(以下、428)』を発売した。価格はPS4版がパッケージ版・ダウンロード版ともに税込4104円。PC版は税込3960円となる。

『428』は、2008年12月にWii向けにリリースされたサウンドノベルゲームだ。2009年にはPS3/PSP版が発売され、さらにはiOS/Android版も配信(配信終了済み)。発売から10年の時を経て、PlayStation 4とPCにて登場する。

『428』では、熱血刑事、渋谷のチームの元ヘッド、ウイルス研究の第一人者、敏腕フリーライター、そしてネコの着ぐるみなど5人のキャラクターのシナリオを読み進め、渋谷で発生した誘拐事件の謎を追っていく。渋谷の街を舞台に複数の主人公たちの物語が複雑に絡み合いながら同時進行する。シナリオの途中で、「KEEP OUT」と表示され、それ以上進めなくなることがある。その場合には、場面に関係していそうなほかの主人公のシナリオを読み、赤く表示された文字を見つけ、さらに物語を展開させていくのだ。文章を追っていくだけではなく、選択肢を選び、物語の流れを変えるマルチストーリー構造になっており、随所でリアルなサウンドが響き渡る「サウンドノベルゲーム」である。

また本作では、特定の条件を満たしてメインシナリオを終了させることで読めるようになる、我孫子武丸氏と奈須きのこ氏がそれぞれ手がけた2本のボーナスシナリオも収録されている。本編自体もかなりのボリュームを誇るが、ボーナスシナリオでも充実のテキストを堪能できるだろう。

今回の移植には、『ARK: Survival Evolved』のPS4版の移植や『ダンガンロンパ』シリーズのSteam版移植に携わったAbstraction Gamesが絡んでいるようだ。またPS4/Steam版『428 封鎖された渋谷で』は、今回グローバルタイトルとしてリリースされる。追加要素や内容の変化はないが、高解像度化され10年ぶりに蘇る傑作を、今一度プレイしてみてはいかがだろうか。

PlayStation 4向けには、8月24日より引き継ぎ可能な体験版も配信されているので、オリジナル版を遊んだことがない方はこちらからプレイしてみよう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る