『ダンガンロンパ 1・2 Reload』PlayStation 4向けに5月18日発売決定、「ダンガンロンパ」の過去作が据え置き機でプレイ可能に

株式会社スパイク・チュンソフトは、PlayStation 4版『ダンガンロンパ 1・2 Reload』を2017年5月18日に発売すると発表した。価格は3800円(税別)。本作はシリーズ初代『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』と、その続編『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』を収録したバンドルパッケージだ。意外に思うかもしれないが、両作は現在までPSP/PS VitaおよびWindowsなどで販売されてきた作品で、PS4および家庭用据え置き機でプレイができるのは今回が初となる。

※映像は2013年に公開されたPS Vita版のものです。

2010年に初代PSP向けにリリースされた初代作品から続く「ダンガンロンパ」シリーズは、“ハイスピード推理アクション”の名で展開されてきたスパイク・チュンソフトの代表作の1つ。全国から集められた超一流の才能を持つ高校生たちが、異常な閉鎖空間でコロシアイを繰り広げるという内容で、プレイヤーは毎回開かれる学級裁判にて誰が殺人事件の犯人であるかを指摘しなければならない。2017年1月にはシリーズ最新作『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』がPS4/Vita向けにリリースされていた(参考記事: 『ニューダンガンロンパV3』レビュー)。

『ダンガンロンパ 1・2 Reload』においては、初代には『スーパーダンガンロンパ2』のアイランドモードにあたる「スクールモード」が追加。また両作ともにPSP版からグラフィックが高解像度化されている。

なお今回の発表にあわせ、PS Vita専用タイトルとして初代と続編のあいだをつむぐ物語を描いた『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』のPS4/PC(Steam)版が今夏リリースされることも発表されている。両作の発売をもってして、『ダンガンロンパ』の主要シリーズすべてがPS4およびPC上でプレイできるようになる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog