『スプラトゥーン3』を遊ぶともう2には戻れない。病院で遊ぶ病院ホラー『米砂原醫院』怖い。「グリップコントローラー Fit」は絶妙。今週のゲーミング

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Now Gamingは毎週日曜日、各ライターがその週にプレイしたゲームについて、ゆるく書きちらすコーナーです。353回目です。TGS直前。

絶妙すぎるサイズ感

今週はHORIの「グリップコントローラー Fit」を購入。見てのとおり“幅広のJoy-Con”といった格好の携帯モード専用コントローラーです。前モデル「グリップコントローラー」(画像上)は、理想を形にしてしまったようなコンセプトで操作性は良かったものの、常用するにはさすがにゴツすぎた。で、新たにコンパクト版が登場したのです。

とにかくサイズ感が絶妙。Joy-Conでは窮屈な右スティックを含め、すべての操作に無理なくアクセスできる、ギリギリコンパクトなラインを攻めた印象です。それでいて背面ボタンや連射機能といった特徴はそのまま。背面には控えめながらグリップがあり、ホールド感も悪くない。ボタンのストロークが無駄に深く、チープな感触なのが唯一の難点か。その操作感も良いとはいえず、そこはJoy-Conやプロコンに倣ってほしかった。振動機能もあればなお良し。とはいえ、これはメインに使えそうな製品です。
by. Taijiro Yamanaka


病院で病院のホラーゲーム遊ぶ

今週は病院を舞台にした国産ホラーゲーム『米砂原醫院(よねさわらいいん)』を、“病院で”遊んでいました。というのも私事ながら、筆者は現在持病の治療にて入院中。規則正しい生活で治療を続ける傍ら、どうしても娯楽は欲しくなってしまいます。「深夜の病室で病院のホラーゲームをやる」という貴重な体験に興味もあり、物音に気を配りつつプレイした次第です。

そして肝心の『米砂原醫院』のゲームプレイ自体が、かなり怖い。特に出色なのは音の演出で、床板のきしむ音や謎のささやき声など、定位やボリュームにまで気を使ってデザインされている印象です。また、古めかしい病院を演出する家具や小物などにもこだわりが感じられます。さらには、さりげなく出てくるこの世ならざる者たちの演出も上手い。さりげないのが一番怖いかもしれません。特に、肌が蒼白な看護師が絶妙な場所に“ただ居る”のが筆者としては一番イヤでした。

そしてふと気配を感じて画面の外に目をやると、見回りの看護師さん(実物)とカーテンの隙間からしっかり目が合う一幕も。幸いあまりにも怖すぎて固まってしまったので、悲鳴をあげたりはせず。ただ、病院は病気を治す場所なのでゲームは程々にしようと決意しました。また、電子機器の持ち込み・利用は各院のルールもありますので、その点にも留意されたく思います。怖かった。
by. Seiji Narita


プライムシューターでリハビリ

『スプラトゥーン3』ばかり遊んでいます。自分でも驚きました。筆者は1は鬼のように遊び、2は発売後はぼちぼち遊びつつ途中でやめた勢。熱が落ちたことは感じていましたが、見事に再燃しました。3、よくできている。

今思えば2のヒリつき度が、自分の心離れの理由と関係していたように思います。楽しいんですが、ぐっと高まった競技性に対して、優しさが追いついていなかった印象でした。3は優しさ部分が大きく見直されている印象。負けても称号もらって丁寧に褒められたり。ロビーで修正効かせやすくなったり。ラジオスキップできたり。賛否両論あるようですが、負けても勝利チームの演出をじっくり見せられるのは、負け姿見てすぐリトライするよりイライラループの抑制につながっているようで好印象。ナワバトラーみたいな息抜き要素も充実したり。3を遊んだ後にしばらく2遊びましたがストレスが段違いで、自分はもう2に戻れません。

2が1からシンプルにガチ度を高める作品であったことに対し、3はガチ度を高めながらも、1の良いところに寄り添って丁寧に既存要素を設計し直した感想です。発売前は2からの変化のなさに疑問をもっていましたが、1と2の魅力の再設計という点で良い新作だなと。新規の方も多い肌感で、今が一番遊びやすそう。今はすごく楽しいですがガチ方面に寄ると疲弊しそうなので、どこまで遊びこむかは悩みどころです。
by. Ayuo Kawase

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る