『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』PS5/PS4/Nintendo Switch/Steam向けに2022年2月26日に発売決定。来春には超大型拡張DLCも予定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは10月3日、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』を2022年2月26日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 5/PlayStation 4/Nintendo Switch/PC(Steam)。

本作は、オンライン専用ゲームである『ドラゴンクエストX オンライン』をベースにしながら、インターネット接続を必要とせず楽しめるスタンドアロン作品だ。内容としては、オンライン版でのバージョン1にあたる「目覚めし五つの種族」がメインコンテンツとなり、一部ストーリーを変更している箇所もあるとのこと。


『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』にてプレイヤーは、5つの大陸といくつかの島々からなるアストルティアの世界を舞台に、各大陸を巡りながら、仲間たちとともに魔に冒され始めたアストルティアを救う冒険に出る。

本作では、「DDロトスコープレンダリング」という新たな技法によって、オンライン版とは異なるビジュアルを導入。キャラクターはデフォルメの効いたドット絵のように表現され、またマップについても、オンライン版のものをベースに、メリハリを効かせながらスケールを合わせているという。


シングルプレイである本作では、仲間になるキャラクターたちが存在。目覚めし5人の仲間たちが、主人公と一緒に成長していくそうだ。また、従来の『ドラゴンクエスト』シリーズ作品を思わせるターン制コマンドバトルを採用。オンライン版にはない必殺技などを用意し、演出もリッチに表現しているとのこと。このほか、オンライン版では当初対応していなかった部分の、イベントシーンのボイス対応がおこなわれる。

先述したように、本作はオンライン版のバージョン1にあたる「目覚めし五つの種族」が収録されるが、バージョン2「眠れる勇者と導きの盟友」に相当するコンテンツが、超大型拡張DLCとして配信されることも今回発表された。本編とは異なる世界を冒険することとなり、飛竜に乗って大空を飛ぶなどシステム的な追加要素も存在するとのこと。拡張DLCは2022年春配信予定だ。

SQUARE SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2021 Onlineよりキャプチャ


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン』は、PS5/PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに2022年2月26日発売予定。通常版(8580円)のほか、上述の拡張DLCなどを含むデラックス版(1万2980円)、さらにリアルグッズを同梱する超デラックス版(1万5730円)も発売される。また、拡張DLCは2022年春配信予定。こちらの価格は4400円である(価格はいずれも税込)。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る