ドット絵メトロイドヴァニア『Haiku, the Robot』正式発表。ちっちゃなロボが飛んだり跳ねたり終末世界をゆく

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのMister Morris Gamesは9月8日、2Dアクションゲーム『Haiku, the Robot』を正式発表した。対応プラットフォームはPC/Mac(Steam)および海外Nintendo Switch。リリース時期は今のところ明かされていない。 
 

 
『Haiku, the Robot』の舞台となるのは、可愛らしいドット絵で描かれた退廃的なポストアポカリプス世界だ。かつて起きた謎の核爆発により生命は絶滅。唯一残された住民たちは、主人公Haikuをはじめとする機械たちだった。しかし、一部の機械にはコンピューターウィルスが伝染。世界を救う任務を背負ったHaikuは、敵を打ち倒しながら道を切り開くこととなる。本作は広大なマップを舞台とするメトロイドヴァニアとなっており、さまざまな能力を獲得することで探索できるエリアが広がっていく。 

Haikuのメイン武器となるのは、Kill Switch Chipと呼ばれるブレード付きのマイクロチップだ。素早い斬撃を繰り出し、Haikuの主な戦闘手段を担うこととなる。初期段階ではいくつかの部品が失われている状態のようで、冒険を進めるなかでアップグレードできる要素があるのかもしれない。 

手に入るアイテムとしては、ほかにもさまざまなものが登場。レンチを所持していると、長押しで回復が可能に。またFrequency receptorというアイテムを使うことで、周囲の電磁波を検知してマップに反映させることができるようだ。トレイラーではステージ上の構造物を破壊することでマップが更新される様子が確認できる。さまざまな場所で地図を更新できるスポットが設置されているのだろう。このほか爆弾や磁石など、探索に役立ちそうな道具を入手できるようだ。 
 

 
冒険を進めるうえでは、Haikuは数多くの能力を入手することもできる。壁を貫通しての空中ダッシュや長距離フックショットを用いてのスーパージャンプなど、多種多様なアビリティが存在することが確認できる。こうした能力は、単独で使ったり、組み合わせて使ったりすることで、新たなコンビネーションや移動方法を見つけることができるそうだ。ただし、新たなアビリティを獲得するには、道中で出会うボスキャラクターとの戦いも待ち受けているとのこと。トレイラーでは巨大な蛇状のボスや、画面全体を覆いつくす攻撃を繰り出すボスなど、さまざまな強敵が映し出されている。 

なおこの世界の機械は必ずしもウイルスに侵されているとは限らないらしく、会話が可能なキャラクターも存在。トレイラーには探偵を名乗るロボットも登場しており、どのように物語に関わってくるのか気になるところだ。また冒険のなかでは、200年前に起きた爆発や、なぜ機械が生命をもったかといった謎にも迫っていくという。 
 

 
『Haiku, the Robot』はPC/Mac(Steam)および海外Nintendo Switch向けにリリース予定。配信時期は未定となっている。なお、10月1日からはSteam Next Festにあわせてデモバージョンを配信するとのこと。興味があればチェックしておくといいだろう。 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る