本格派2Dアクション『白き鋼鉄のX(イクス)2』発表、2022年1月27日発売へ。前作から破壊(ブレイク)の快感をプラス

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インティクリエイツは9月2日、2Dアクションゲーム『白き鋼鉄のX(イクス)2』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch/PlayStation 4/PlayStation 5/Xbox One/Xbox Series X|Sで、2022年1月27日発売予定。価格は、ダウンロード版が2980円、パッケージ通常版が3980円、パッケージ限定版が9980円だ(いずれも税込)。
 

 
『白き鋼鉄のX(イクス)2』は、2019年に発売された『白き鋼鉄のX(イクス)THE OUT OF GUNVOLT』の続編だ。インティクリエイツの代表作のひとつである『ガンヴォルト』シリーズに登場した、アキュラを単独の主人公とする番外編的な作品である。従来作を大きく上回るスピード感と、スタイリッシュなアクション性が特徴だった。そして本作では、破壊(ブレイク)の快感をプラスしているという。

本作では、機械と砂漠に覆われた新たな異世界を舞台とし、さらにハードな物語が展開していくという。プレイヤーは、塔の内部に広がる多種多様なステージを進むなかで、襲い来るロボットたちを撃破していく。そして、ステージの最後に待ち受けるボスに挑むのだ。
 

 

 
主人公のアキュラは、新たな回転ノコギリ型の近接武器「ブレイクホイール」を装備。詳細はまだ明かされていないが、トレイラーでは剣のような形態から丸ノコ風に変化し、敵を斬り裂いていく様子が見られる。倒したボスの攻撃を再現できる「EXウェポン」は健在。ボスによって弱点となるEXウェポンが異なるため、ステージの攻略順が重要となる。

また、ゲージを消費して空中を高速移動できる「ブリッツダッシュ」は、前作からパワーアップしているという。本作では、パワー特化形態の「ブレイクシフト」を新アクションとして用意。スピード特化形態の「ブリッツシフト」と、プレイ中にシームレスに切り替えることができる。ブレイクシフトにて敵の破壊を繰り返しポイントを溜めることで、オーバードライヴが発動。オーバードライヴ状態になると、より長い時間ブリッツシフトにて空中を飛び回れるのだ。
 

 
アキュラにはパートナーメカRoRoがついており、HPがゼロになると逆転のスキル「ソングオブディーヴァ」が発動。歌姫に変身したRoRoが、歌の力でアキュラを蘇生してくれる。そして本作では新たな救済要素として、ヒーラー姿のRoRoも用意。いつでもどこでも何度でも、ノーコストでHPを完全回復できるそうだ。さらに、華麗なプレイを続けることでクードスが蓄積していき、これが1000を超えるとRoRoが歌って戦いを盛り上げてくれるという。

『白き鋼鉄のX(イクス)2』は、PC(Steam)/Nintendo Switch/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに、2022年1月27日発売予定だ。パッケージ版には、『COGEN: 大鳥こはくと刻の剣』とのコラボボスであるDLC「来訪ボス”大鳥こはく”」が同梱。またパッケージ限定版には、完全攻略本やRoRoのヴォーカルCD、ミュージッククリップビデオDVDも同梱される。各店舗特典なども用意されるため、詳細は公式サイトを確認してほしい。
 

*本作の情報を届ける「ガンヴォルト情報局第26回」が、9月15日21時に放送される。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る