『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』クローズドベータテスト応募開始。キャラクタークリエイト機能などを紹介するPV第3弾も公開

バンダイナムコエンターテインメントは10月7日、『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』について、クローズドβテストの実施を発表した。『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』は、「ワンパンマン」を原作にした対戦バトルアクションゲーム。PlayStation 4/Xbox One向けに2020年発売予定の作品だ。

今回発表されたクローズドβテストは、ゲームバランスとオンラインを含む安定動作の確認を目的に行われる。使用できるモードは、オンライン対戦やCPUとの3v3対戦が可能な「フリーバトル/ローカルバトル」と、ユーザー同士で交流できるオンラインロビー(ヒーロー協会本部)の二つ。バトルでは、10体以上のプレイアブルキャラクターが用意されているそうだ。

両プラットフォーム合わせて1万名以上のプレイヤーが募集されており、募集期間は10月7日から10月16日23時59分まで。期間中に、PS4版の場合はPS Storeから「クローズドβテスト 応募券」をダウンロード、Xbox One版の場合は「Xbox Insider Hub」をダウンロードし、Insider Programのメンバーとなることで応募完了。11月1日から11月4日までがクローズドβテストの実施期間となっており、各日2時間ずつプレイ可能な時間が定められている。なお、PS Storeの「クローズドβテスト応募券」ページ内には「サイタマ」「タツマキ」「ジェノス」などお馴染みのキャラクターが登場するスクリーンショットが掲載されている。

また、「君自身がヒーローとなる物語」を謳う本作のメインモードなどを紹介する第3弾PVがYouTubeにて公開中だ。「メインモード」では、3Dで用意された街をさまよい、さまざまな条件のミッションを遂行。書類を届けたり、怪人やヒーローと邂逅する様子が動画では紹介されている。また、「メインモード」にはキャラクタークリエイト機能が搭載されており、性別/髪型/顔/身長といった身体的特徴や、馬の被り物やサングラスと言ったアクセサリー群に加えて、ヒーロー風のスーツ姿からジャージまで幅広い編集が可能なようだ。

『ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS』は、漫画作品「ワンパンマン」のキャラクターたちが3vs3でバトルを繰り広げる3D対戦アクションゲーム。尋常ならざる戦闘能力を誇り、殆どの相手をワンパンで片付ける主人公「サイタマ」を、どのような形で登場させるのか注目を集めていた作品。先行して公開されているPVでは、「サイタマ」が到着するまで残りのメンバーで耐えきり、「サイタマ」が間に合えば事実上勝ちとなるシステムが公開されていたが、「ヒーローアライバル」システムは「メインモード」において「サイタマ」以外にも適用されるようだ。動画では、怪人相手の戦闘で「タツマキ」が到着するまで耐えている様子や、コンボによって駆けつけるまでの時間が減っていることが確認できる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog