Valveが、『メトロ エクソダス』のEpic Gamesストア移行に「アンフェア」と述べた意図を語る。一方、Steamではゲーム販売規約を改定か

今年1月末、ローンチまで約2週間に迫った『Metro Exodus(メトロ エクソダス)』のPC版について、すでに予約受付をおこなっていたSteamでの発売が一旦中止され、Epic Gamesストアでの1年間の時限独占販売に突如移行したことはまだ記憶に新しい。当時Valveは同作のSteamストアページにて、Steam版予約購入者はゲームやアップデートなどを受け取れることを告知。またこの中で、「Unfair(アンフェア・不公正)」という言葉を用いて同社の考えを表明したことは大きな注目を集めた(関連記事)。その表現の意図について、Valveのスタッフが当時を振り返っている。

Valveは『Metro Exodus』に関する告知の中で、特に長期間の予約販売を経た後にゲームを取り下げることは、Steamの顧客にとってアンフェアであると考えていると表明。そのうえで、同作を心待ちにしていたSteamユーザーに対して、発売直前の告知となったことを謝罪した。Epic Gamesストアへの移行は、同社も直前まで知らされていなかったとのこと。個別の案件に関してValveがこうした声明をストアページに掲載することは異例だと言える。なお、日本語ページではこの「Unfair」は「残念な決定」とやや表現を抑えて訳されている。

Steamと比べて、Epic Gamesストアのストアやランチャーとしての機能が見劣りする状況は今なお続いており、当時はさらに差が大きかった。それに加えて、『Metro Exodus』はSteamにて宣伝と予約販売をしながら、発売直前になってEpic Gamesストアの時限独占販売に舵を切った。その結果、Steamで販売中のシリーズの過去作にはレビュー爆撃が発生し、フォーラムやSNSでもファンの不満が爆発(関連記事)。そうしたファンの行動は、Valveが上述の告知の中でアンフェアという強い言葉を使って意見したことも影響したかもしれない。

ValveにてSteamのビジネスデベロッパー/デザイナーを務めるNathaniel Blue氏は海外メディアKotakuの取材に対し、告知にてアンフェアと表現したのは、あくまで発売直前でのストア変更というタイミングについて述べたのであって、人々を怒らせることを意図したわけではないとコメント。ファンの反応は予想外のものだったとしている。そして、今後は同様の事態が起こってもValveは何もコメントしないとのこと。目指すべきは、開発者と消費者を密接な関係にし、またゲームをプレイする場としてSteamを価値あるものにすることであり、コミュニティを焚きつけることではないからだとした。たしかに、『Metro Exodus』以降はValveは静観を続けている。

Image Credit: GTVA_Alpha1

ところで、Steam Direct利用者向けのSteam配信規約が改定されたことがRedditにて話題となっている。その規約のキャプチャが9月8日に投稿されており、上の画像の赤枠の部分が新たに追加されたのだという。内容はというと、Steamでの販売を申請するメーカーは、そのゲームやローカライズ版を最初にリリースする際に、Steamでも発売しなければならないとし、すでに(ほかのストアで)販売中の場合は、発効日から30日以内にSteamでも発売するよう求めている。また、アップデートやローカライズ版のSteamへの提出についても、ほかのストアよりも遅れることはあってはならないとしている。

複数のストアにてゲームを販売する場合、Steamでも同時期に発売するよう求めている内容だが、Steamへの申請手続きを起点にしている部分があることから、むしろSteamのストアページを広告代わりに利用することを防ぐ狙いがあると思われる。たとえば、Steamでの販売を予定していながらEpic Gamesストアでの時限独占販売に変更したゲームのほとんどは、Steamにストアページが残されており、ゲームの宣伝として機能している。規約変更前のケースにまで遡って適用するのかどうかは不明だが、少なくとも今後は、たとえばEpic Gamesストアでリリースしてから1年後にSteamでも発売するといった場合はSteamのストアページを一旦削除し、発売直前に申請し直す必要がありそうだ。

また、Epic Gamesストア版のプレイヤーが、Steamのストアページに紐づいた掲示板でゲームの攻略などについて相談している姿もしばしば見られ、それこそValveにとってアンフェアな状態となっている。Epic Gamesストア時限独占が発表されるたびに、多くのゲーマーからSteamのストアページを削除すべきだという意見がメーカーに寄せられることもあり、Valveは規約の改定に乗り出したのかもしれない。なお現時点では、この規約はSteam Directの利用者向けにのみ案内されているとのことである。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog