“恥知らずなヒーロー”の活躍描く『無免ヒーロー』発表、PC/PS4/Nintendo Switch向けに発売へ。唾や屁を駆使して敵を倒せ

中国のインディーパブリッシャーX.D. Networkは7月19日、『無免ヒーロー』を発表した。対応プラットフォームはPC/PlayStation 4/Nintendo Switch。『ICEY』や『Muse Dash』といった個性的なタイトルを生み出してきたX.D. Networkの新作は、スタジオCarrya.Tecとタッグを組んだ“ヒーローもの”であるという。しかしこのヒーローは、なにやら人々に思い描くヒーロー像とは少々異なっているようだ。

プレイヤーは、売れないアクション俳優として、自分の出番をなるべく増やすために、さまざまな撮影現場を掛け持ちしているという。誰にも期待されず、人気もない。役割を果すために、敵キャラを倒さなければならないが、主人公には特殊能力も常人離れした身体能力もない。しいてあるといえば、恥知らずなプライドと正義感のみ。勝つためになら手段を選ばない。唾を飛ばしたり、オナラをかけたり、土下座スライディングをかましたり、見るに堪えない戦い方であるが、それこそ主人公のスタイルなのだ。

ゲームシステムとしては、2.5Dの横スクロールアクションとなるようだ。多彩な技を組み合わせてコンボを決めるほか、武器の種類も豊富で“ユニーク”な使いみちがあるという。荒ぶる物理演算やアニメーションなども特徴になりそうだ。ゴリ押しもテクニカルなプレイも受容する戦闘システムを目指して開発されているという。唾や屁を用いるなどコミカルな技も存在するが、スタイリッシュにも戦えるのが本作の醍醐味なのだろう。

『無免ヒーロー』は日本語に対応予定。日本のプレイヤーも意識し展開をおこなっているX.D. Networkの新作に期待しておこう。なお本作は「ワンパンマン」に登場する無免ライダーとは無関係である。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog