『TETRIS EFFECT』PC版発表、Epic Gamesストアにて7月23日発売。よりリッチなグラフィックをサポートする“Ultimateバージョン”に

『Rez Infinite』や『ルミネス』のクリエイターとして知られる水口哲也氏率いるEnhanceは7月17日、『TETRIS EFFECT(テトリス・エフェクト)』のPC版を発表した。Epic Gamesストアにて7月23日に発売予定で、価格は4180円。ただし、8月6日までは20パーセントオフとなっており3344円で購入可能だ。また、この期間内に購入すると、本作をテーマにした4K解像度のPC用壁紙10種類と、サウンドトラックのサンプルとして7曲を無料で入手できる。

『TETRIS EFFECT』は、Tetris Holdingから公式にライセンスを受けて制作された、パズルゲーム『テトリス』の新作だ。そのタイトルは、『テトリス』をプレイした後に、プレイヤーが映像や思考、あるいは夢の中にもテトリミノのイメージが表れる実際の現象「テトリス・エフェクト(テトリス効果)」にちなんで名付けられたという。2018年11月にPlayStation 4/PS VR向けに先行して発売されており、レビュー集積サイトMetacriticにて89スコアを獲得するなど、非常に高い評価を受けた。

本作の基本的なゲームプレイは『テトリス』そのものであるが、独自の要素として「ゾーン」が用意されている。テトリミノを消してゲージを溜めることで発動でき、するとテトリミノの落下が一定時間だけ止まるというものだ。また「ミステリー」と呼ばれるモードでは、巨大なテトリミノが落ちてきたり、フィールドが上下反転するなど、さまざまな“ハプニング”が発生する。このほかにも多数のゲームモードが用意されており、もちろん「マラソン」など従来の作品と同じように楽しめるモードもある。

固有のテーマに沿ってプレイヤーが旅をするようにステージを進んでいく「Journey Mode」も本作の特徴のひとつ。美しく幻想的な3D世界の中でプレイする本作では、音楽や背景、サウンド、特殊効果、またテトリミノの落下まで、すべてがプレイヤーの操作にシンクロして反応を示す。その不思議な没入感をより楽しめるモードと言えるだろう。

今回発表されたPC版は“Ultimateバージョン”とされており、4Kあるいはそれ以上の解像度に対応。ウルトラワイドディスプレイもサポートし、フレームレートの制限もない(V-SYNCオフ時)。また、表示されるパーティクルの量やサイズ、テクスチャフィルタリングなどを調節する、PS4版には無かったさまざまなグラフィック設定も用意するとのこと。もちろんPS4版と同じくVRでのプレイも可能で、対応デバイスとしてOculus RiftとHTC VIVEが挙げられている。

海外メディアPC Gamerのインタビューに答えた水口哲也氏によると、PC版では特定のテーマのステージを好きなだけプレイすることも可能だという。これはPS4版ではできなかったため、プレイヤーから要望が寄せられていたそうだ。また、PCのパワーをフル活用して、より多くのパーティクルを表示させられる点についてもコメント。ほかのゲームであれば、グラフィックが綺麗になったという位で特に気にも留めないことだが、パーティクルがゲームプレイや音楽に反応を示し没入感を高める『TETRIS EFFECT』においては、プレイヤーの感情にさらに訴えかける効果を見たという。

なお、EnhanceのMark MacDonald氏によると、本作のEpic Gamesストアでの販売は1年間の時限独占とのこと。また、Oculus Rift/HTC VIVE以外のVRヘッドセットでのプレイについては、テストはしていないものの、Valve IndexなどSteamVRがサポートするものであれば問題ないはずだとしている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog