少女サバイバルアクション『Die Young: Prologue』IndieGalaにて無料配信開始。主人公が孤島にさらわれる直前に、何が起こっていたのか?

イタリアのゲーム販売サイト兼デベロッパーのIndieGalaは5月25日、『Die Young: Prologue』の無料配信を同サイト内にて開始した。本作は、IndieGalaの内部スタジオが開発する、2017年に早期アクセス版がリリースされたオープンワールドアクション『Die Young』のストーリーから数時間前に起こった出来事を描く、プロローグに位置する作品となる。

本編となる『Die Young』は、今夏に早期アクセス終了を迎え、7月に正式版をリリース予定とのこと。なお、Steamにて本編所有済みのプレイヤー向けには、ライブラリに『Die Young: Prologue』が追加される。また、Steamにおける同作の単体リリースは夏になる予定とのことだ。

本編の『Die Young』は一人称視点で進むサバイバルアクション。主人公は地中海に浮かぶ孤島に誘拐された少女。少女は凶暴な野犬や、謎めいた住民の魔の手から逃れるため、ジャンプやクライミングなどのパルクールアクション、時には隠密行動を駆使して島からの脱出を図るといったコンセプトのゲームとなっている。“サバイバル”を全面に打ち出した作品となるため、リリース当初は敵への攻撃手段がなく、逃げ回ることしかできなかった『Die Young』だが、度重なるアップデートにより、ナイフやバール、レンチといった近接武器から、クロスボウなどの遠距離武器も追加された。ほかにも毒ヘビやネズミといった敵の追加や、グラフィックの強化、敵AIの改善など、今日に至るまでコミュニティの意見に寄り添ったアップデートを実施してきており、万全を期しての正式版リリースを考えているようだ。

そんな『Die Young』の数時間前に島では一体なにが起きていたのか。その疑問に応える作品が『Die Young: Prologue』となる。本作の主人公は、本編の少女と打って変わり、政党の諜報員「ネヒル」となる。ネヒルとその仲間に課せられた任務は、島に捕らわれた一派のリーダーの救出。そして島を牛耳るコミュニティのリーダーであるBrother N.1の暗殺と2つの計画を実行する。しかし、計画は予期せぬ方向に転ぶこととなり、ネヒルは暗殺に失敗、自身の正体もばれ、島からの脱出を強いられる。ネヒルは無事に仲間と合流できるのか。予定の場所へたどり着くまでの決死の試みが描かれる。

本作の特徴はオープンワールド要素の強かった本編と比較して、よりリニア(直線的)な構造になっているという。ただし、完全な一本道ではなく、脱出には異なるアプローチや経路が用意されているようだ。また、ゲームは「導入部」「主要部」「最終部」の3つのレベルで構成されており、これらのレベル探索を通して、本編である『Die Young』に関連する重要なアイテムを入手することが可能となる。本編では明かされなかった謎がプロローグで解明されることになるのだろうか。

本編の『Die Young』未プレイの方は、プロローグが無料配信されたこの機会にプレイしてみてはいかがだろう。正式版リリース時には予定している追加コンテンツの半分が実装されるようだ。よって、今から購入しても正式版では新鮮なプレイ体験ができるとのこと。
ただし、正式版リリースの数日前にすべての保存内容がリセットされる点には注意されたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog