『アサシン クリード III』リマスター国内発売および発売日決定。大自然や大都市での戦いが美しく蘇る

Ubisoftは2月19日、『アサシン クリード III』のリマスター版を国内発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch/PCで、5月23日に発売されるのはPS4およびNintendo Switch版。PCおよびXbox One向けダウンロード版は、3月29日に発売される。CEROレーティングはZ。
【UPDATE 2019/2/19 12:40】
対応プラットフォームごとの発売日を追記しました。

同リマスターは、『アサシン クリード オデッセイ』のシーズンパス所有者向けに、提供されると発表されていた。単独発売もされることが明かされており、今回単品の発売日も決まった形だ。海外向けには3月29日に発売されると明かされていたが、国内PS4/Nintendo Switch向けには5月23日に発売予定。なお、『アサシン クリード オデッセイ』のシーズンパス所有者向けは3月29日からプレイ可能。

『アサシン クリード III』は、2012年にPlayStation 3/Xbox 360/PCにて発売されたシリーズナンバリングタイトル第三作目である。舞台となるのは、独立戦争真っ只中の18世紀アメリカ。主人公となるのは、アメリカ先住民族とイギリス人との間に生まれた青年コナーだ。イギリスの支配から同胞の地を守るために戦っていたコナーは、あることをきっかけとして独立戦争の裏で暗躍するテンプル騎士団の存在を知る。植民地支配とテンプル騎士団と対峙するため、独立戦争に身を投じていく。

『アサシン クリード III』では、中世の街が中心だったこれまでの作品とはうってかわり、フロンティアと呼ばれる未開拓地域も探索地域に含まれている。大自然で、標的の暗殺や野生動物狩りに勤しもう。また本作は、『アサシン クリード』シリーズでは人気要素となった海戦が初めて本格的に導入された作品でもある。自身の船を手に入れることで、海戦をけしかけることが可能。もちろん、船のカスタマイズやアップグレードもできる。暗殺だけでなく、さまざまなアクティビティが追加された節目となる作品である。

リマスター版のビジュアルは、新たなゲームエンジンで描かれるといい、高解像度テクスチャに張り替えられ、全般的にグラフィックが強化されているとのこと。PCやPlayStation 4 Pro、Xbox One Xでは4K/HDRにも対応している。ゲームプレイや操作面も改善されたそうだ。なおこのリマスター版には、本編のほか「ベネディクト・アーノルドミッション」、「ワシントン王の圧政」、「隠された秘密パック」といったDLCを収録。さらには、PS Vita向けに発売された『アサシン クリード III レディ リバティ』も含まれている。

なお後発で発表されたNintendo Switch版については、タッチスクリーンインターフェース、モーションコントロールに対応したエイムなど、さまざまな最適化が施されるとのこと。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog