「HP1」の勇者が主人公のRPG『ライフワン』Steamにて3月発売へ

個人開発者Taka氏は、『ライフワン- lifeOne』のSteamストアページを公開し、同作を2019年3月に配信すると発表した。Steamではデモ版が配信されているので、そのゲームのコンセプトやシステムを確かめることが可能。

『ライフワン』は、自作ゲーム投稿コミュニティRPGアツマールなどでプレイ可能なRPGだ。ゲームとしては、勇者イッスンが魔王を倒すために冒険するという王道もの。しかし本作にはこの王道RPGに、ユニークなアイディアが加えられている。そのアクセントとは、主人公の勇者のHPが1であるという点。雑魚敵との戦闘に突入した際に、一度でもダメージ1以上の攻撃を受けると、“昇天”してしまう(ゲームオーバーではない)。そんな「HPに頼らない勇者」として、冒険に出かけよう。

HP1でどう戦うのかといえば、基本的には負けたり逃げたりしながら、ダンジョンを進んでいくことになる。何も考えず戦闘すれば、スライムにすら負けてしまうのだ。スキルや装備を整えて仲間を増やし、熟慮しながら戦闘するのだ。本作には経験値の概念はなく、特定のモンスターを倒すことでレベルが上昇する。しかし、特定の条件を満たさなければHPは1のまま。前後列のシステム駆使や属性弱点や状態異常、そして防御を駆使して難所を切り抜けていく。序盤から魔王に挑むことも可能であるが、そう簡単に物語を終わらせることはできない。自由に冒険しながら力を蓄え、ダンジョン攻略を進めていこう。

本作の特徴としては、ユニークな「HP1」システムだけでなく、ブラウザゲーム発のタイトルとしては、非常にボリュームが多いこともあげられるだろう。ダンジョンは10種類以上用意されており、街に関しても多くのNPCやイベントが用意されている。クエストや賞金首といった寄り道要素もあり。ビジュアル・テキスト含めた細部の作り込みもまた光るだろう。開発者は「昔からレールがぴっちり敷いてあるゲームが苦手なので、作っているうちにこのようなフィールド放置型になってしまいました。ごめんなさい。」とコメントしているように、攻略の順番に縛られない自由度の高さもひとつの魅力である。

制作過程報告記事によると、Taka氏はもともとデザイナー出身であるといい、可能な限り多くのPluginを導入しつつ、『RPGツクールMV』にて本作を開発中。BGMやPluginなどといった素材はフリー素材から拝借しながらも、グラフィック関係はすべて手書きで作られているとのこと。その影響で、グラフィックでかなりの時間を取られているようだ。本作で描かれるあたたかい世界観は、氏のデザイナーとしてのキャリアが反映されているだろう。

RPGアツマール版『ライフワン』は、現在も精力的に開発が続けられている。さまざまな構想が存在するようで、現在の内容に加えて、今後もコンテンツが追加されるようだ。Steam版がどのような形でリリースされるかは定かではないが、一風変わった国産RPGがリリースされる日が楽しみだ。興味のある方は、前述のデモ版をプレイしてみよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog